塾生レポート

開業専門の小さな整体学校手力整体塾の塾生ひとりひとりが、知識と経験を繋ぎ文章に起こす為のブログ。手に入れたいのは正解より納得解!勉強中に付き勘違い等もそのまま掲載しています。ご了承下さい。

塾生レポート イメージ画像

更新情報

塾生村下です。 5/18 Wさんに向けてのスタート講座を、同期のSさんとOさんと私と3人で、初の先生役をしました。 テキストを読んで、日常の動作や、実体験などの補足の話を10倍入れながら、子どもに説明するように解りやすく話しをする。 確かに、漢字ばかりのテキストを読

塾生の落合です。 5/20日(月)のお話です。 この日、はじめて自分の施術姿を撮影して頂きました。 家に帰り、見てみて・・・「ガックリ(-_-;)」 カッコ悪いというか、スマートじゃないというか・・・。 反省点。 肩に力が入り過ぎ 目線が手元に集中している 片手

塾生の落合です。 18日(土)のお話です。この日は、いよいよスタート講座。 Mさん、Sさん、私が先生役です。 結果は、私的にはボロボロ。 前日の話と同じですが、自分が頭の中できちんと整理をして紐付していないと人に教えることはできません。理解している“つもり

塾生の落合です。 この日は、新入生としてWさんが入塾されました。 予定としては、恒例のスタート講座だったのですが、 「明日にします」とあっさり予定変更。その日のメンバーなどで予定が変わるところが手力整体塾の面白いところです。 ふたを開けてみないと分からない。

塾生の曽田です。 先日の膝・腰TP講座以来、人の歩き方を観察してみました。 一番気になったのが、ヒールの高い靴を履いた女性で(いや、変な意味ではなく…)、 足を着地した時に膝が曲がりつま先が内側を向いている人が多く見られました。 着地した時に膝が曲がっている

塾生の曽田です。 4日の講座で、 「練習で人の体に触っていて、左右どちらが硬いことが多いか?」 パンチ先生の質問に、すぐには答えられませんでした。 正直、考えながら触れたことがありませんでした。 日本人は右利きの人が多くて、右利き用の設備や道具など、 右手を

塾生の曽田です。 整体のお客様の多くは、肩・腰・膝など何か問題を抱えています。 整体はリラクゼーションではないから、施術中は気持ちよいことばかりではなく、 主訴を取り除くために、痛いところを攻めなければならないこともあります。 私が客なら、とにかく少ない回

↑このページのトップヘ