塾生の原です。

今日はとても良い天気で、教室にはウクレレの音楽が聞こえていました。
外で敷物敷いて、おにぎりたべたいなぁ・・・

あ、授業、授業。

今日は、ある女性の写真二枚を見比べて、違いを探しました。

一枚目            二枚目
首が前にでている。      笑っている。
肩が内旋している。      肩と腕が後ろに行っている。
腕が体の前に行っている。    骨盤が前傾気味。
ズボンのシワから、骨盤が   バストアップしている。
後傾気味。          細く見える。
重心が後ろ。         重心が前。

この写真、どんな写真か想像出来ますか?

横向きに立った女性の写真で、
一枚目は、いつもの姿勢。
二枚目は「仙骨を立てて下さい」と言われてからの姿勢。痛くて、笑っているらしい。

見た目は、二枚目の写真のほうがステキに見えます^^

仙骨を立てる・・・とても大切なことですね。

「人の体を見れる」とは、まず理想の体を知ること!
そして、理想の体との違いをみつけられること!
そして、理想の体にしてあげられること!

勉強は、すべてこのためなんですね。

その人の立ち姿勢や動作で、どこの筋を伸ばせばよいか、どこがつぶれているのか・・・など早く見れるようになりたいものです。

四月入塾の原でした。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

伊藤です。
原さん、初めての塾日記ありがとうございます。

感じた事、気付いた事、大切な事。全部書かれていてとても良い日記だと思います。

病気の理由をあれこれ探すより、元気の理由を真似たほうが早い。
ボクはそう思っています。
腰痛の研究も良いですが、元気な人達を徹底的に観察しておく事はもっと大事じゃないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*