塾生の根本です。
よろしくお願いします。

誤解を招く言い方をすると手力整体の授業を受けている間って、不快な時間が多いんです。僕が整体的な考え方に慣れていないだけかもしれませんが、先生と皆さんが意見を交わしている間、ついていけてないことが多いです。ただ先生の説明を聞いてるだけの授業は退屈なのですがある意味ではラクなんですね。手力整体塾は自分で考え、問題を解決し、積極的に発信します。
だからある面ではキツイわけですね。

僕は10分くらい前に先生から説明されたことにうんうん唸っていることが多く、この日の授業もそんな感じでしたね。

わからないって苦痛だし、考えることってめんどくさい。

27日の授業は手力整体塾のスポット講座で【腰痛・膝痛おまかせセミナー】でした。

“使える筋(動かせる筋)の少なさ”が痛みの元となる。
使えない筋肉が多くなればなるほど、使える筋肉には負担となる。
そしてこの使えない、動かせない筋肉に真のコリ、トリガーポイントがある。

姿勢を良くしましょう!
運動しましょう!

...なんて、誰でも言えるし言われる方もわかっています。

なぜ良い姿勢を保てないのか?
なぜ運動したくないのか?

ここにアプローチし痛みの元となる原因を取り除いて、
負のサイクルを断ち切る手助けをする。

そこに整体師としての価値、やりがいがあるわけですね。

使われてない筋肉と言えば...
先日、十数年ぶりにバスケットボールをやったのですが翌日、筋肉痛がないことが不思議でした。

ところがこの日は第二部が体幹ストレッチ講座で、さまざまな筋肉をストレッチしたわけですが、翌日はしっかり筋肉痛となったんですね。

一見すると激しい運動の方が筋肉痛を誘発すると思いがちですが、実はある程度の年齢を重ねてしまうと普段使っている同じ筋肉にばかり頼るクセができてしまっていて意外に筋肉痛にならない。

一方でただゆっくりほぐしたり、伸ばしたりしているだけのように思える体幹ストレッチはバランス良く普段使ってない筋肉も使うので筋肉痛になる。

そんなことを思いました。

ん?

あ、これを応用すると僕が考えることが不快なのは普段いかに頭を使ってないかの証明なのかもしれません(笑)

手力整体の帰りはいつも疲れているはずなのですが
身体だけでなく、頭もストレッチされるので爽快です♪

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

伊藤です。
根本さん、初めての塾日記更新ありがとうございます。

いつもの思考ばかりだと、脳にも血行不良が起ってコリができるみたいですね。
肉体的にはすこぶる健康なのに何だか具合が悪い。
そんな人は脳にトリガーポイントできているんじゃないでしょうか。
体も頭も隅々まで使いましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*