こんにちは。21日に卒業したみかみです。

整体の勉強を始めて変わったこと。

整体に対する考え。

今まで私が考えていた整体は

気持ちが良いが痛みはとれない。
リラックス出来て施術後、少し楽になる。
揉み返しがある。

ところが手力の整体は

痛みがとれる。
心のケアを考える。
アフターケアを考える。
何より一生懸命の姿勢で取り組む。
等々。

全く違うことでした。

入塾当初、自分自身も気持ちや痛みを理解してもらえたことで
楽になった経験があったのにそのことと整体を別に
考えていた事や、施術は2割とか、言葉の使い方や精神面での関わり方等々、
この1年脳に驚きと刺激を沢山うけました。
そしてからだは動かすためにあるんだと思えるようになりました。
からだは動かすと嬉しいんだ、ということも気づきました。

とても簡単な基本的なことを改めて考え直せた時間でした。

そして変わらなかったこと。

整体を通して人と接していきたい、元気の種まきをしたい。
五感の働く整体師になりたい。
整体で「笑うからだ」作りをしていきたい。

これは1年経った今も変わっていません。

変わったこと、変わらなかったこと、あたりまえのことをもう一度自分の中で洗いなおして来年の開業に向け、
(2月プレ、3月オープンの予定)準備をしていきます。

この整体塾でいろんな地域の人と知り合えたこと、
これは私の宝です^^/

皆さん、本当にいろいろお世話になりました。

ちょっとため込んでしまっていたと気づかせてもらった1年でしたが、
これからはその経験を生かしていけるようにしていきたいと思います。^^

パンチ先生、長々1年ご指導いただきありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

伊藤です。みかみさん投稿をありがとうございます。

見学に来たとき現役生の施術を受けて、『痛みの確認→取れたかの確認』をしきりに繰り返す事に驚いていたのを思い出します。

『ここの人達は痛みを取ろうとしている』
確かそんな言葉で感心していましたよね。(みかみさんじゃなかったらゴメンw)

自分が驚いたその感じを、これからどんどん誰かに伝えて下さい。
1年間お疲れ様、ありがとうございました。これからもよろしく。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*