塾生の曽田です。

日曜午後は私も含め、入塾したての塾生が4人もいたので、通常授業に変更になりました。
出席者の進度に応じて柔軟に対応してもらえるのは、とてもありがたいです。

前半は宿題の補足から
『テキストを分類し直すこと。』
使用するテキストは、筋肉ごとに説明がされているのですが、
これを機能ごとに関係する筋肉がわかるように分類し直すこと。

例えば、「腸腰筋」は機能として「股関節の屈曲」や「股関節の外旋」などと書かれているのを、
「股関節の屈曲」に関係するのは、「腸腰筋」「大腿直筋」…といった具合に。

うぅ、いきなり大仕事です。

期限はないということで、少しホッとしたものの、、
早めにやらないと、授業中に頭の中が「ハテナ?」だらけになってしまい、たぶん困るのは自分。

ただでさえなじみのない単語がいっぱいで、今は卒業された先輩方が何を話しているのか半分もわからなかった、見学の時のことが頭をよぎります。(ちょっと大げさかな)

頑張ってやります!
あと、筋肉のイラストも描いてみます!

後半は基本手技の最初の最初。
先生に手本を見せていただき、4人とも腰にコリが見つかりました。
みんなイイ練習台です(笑)

自分以外の3人分、3回も見たけど、、見るとやるとでは大違い。
指先に意識を集中すると、他がすべておろそかになっている自分がそこにいました。
圧の入れ方や姿勢に気を配る余裕がなくなり、気がつくと自分の腕と腰が痛い!
おまけに指先の感覚の鈍さを思い知らされました。
先が思いやられます。。

ま、そう簡単にできるなら、学校なんていらないか。

家に帰ってから、早速、妻と子どもで復習!
二人とも強烈に痛がるコリを発見し、習ったことを思い出しながら、反射点を探すことそれぞれ30分…。

ギブアップしました(笑)

これから頑張りますので、よろしくお願いします。

--*--*--*--*--*--*--*--*--**--*--*--*--*--*--*--*--*--*

伊藤です。曽田さん投稿をありがとうございます。
勉強は所詮『部類と比較』です。
この単純な作業をして何かに気付くこと。
気付きとは点と点が繋がった時。
教わるだけで気付きが無いのは勉強とはいえないと思います。
繋がった時の楽しさを味わいましょう。

真面目で大人しい印象の曽田さん。
笑顔が凄く良い事を伊藤は見逃していません。
沢山の人にその笑顔を振り撒けますように。

--*--*--*--*--*--*--*--*--**--*--*--*--*--*--*--*--*--*