塾生の伏谷です。

12日(月)分です。
今日は、筋肉の分類・特徴についての内容でした。

「筋肉は使い過ぎで壊れる事は無い。
一部を使い過ぎて“使ってない筋肉”が壊れる。」

車でもバイクでも、毎日乗っているより、何日も乗らずに放置する方が不具合が出やすいです。
機械は使った分へたる事もありますが、筋肉の場合「使い過ぎでは壊れない」とまでは思ってませんでした。
ここで勉強するまで、完全に逆と思ってました。
勿論、疲労とは別です。(という認識で大丈夫と思います・・・)

使わないと、筋肉自体が自分の仕事(の仕方)を忘れるイメージでしょうか。
久しぶりにやったスポーツでそこそこできた時、
「若い時やってたので体が覚えてた。」
と言う事がありますが、結構勘違いかもしれません。
体が覚えてたと言うより、(指令を出す)頭の方が覚えているだけかも。
体(筋肉)の方は覚えておらず、頭の指示にちぐはぐに動いてしまい、一部に使われない筋肉が出て壊れる=痛みが出る、と。

考えたら、使ってない筋肉だらけって事ですよね。
あちこち痛くなるって事は。
私達は、その使えてない筋肉を狙っていくわけですね。
人によって、その筋肉は違うでしょうし、その見極めを身に付ける必要があると思います。
ポージングの勉強や、人間観察で養う必要が。

そして、使ってない筋肉がたくさんあるという事は、それらを自在に使えるようになれば、痛みが出ないだけでなく、運動パフォーマンスが上がるという事だと思います。
施術したスポーツ少年が、その種目で成績を上げていく事を考えたらワクワクします。

--*--*--*--*--*--*--*--*--**--*--*--*--*--*--*--*--*--*

伊藤です。伏谷さん投稿をありがとうございます。

もし車を2台持っているとして、2台あるにもかかわらず1台だけ集中して乗ったらその1台はヘタルのが早い。
で、久しぶりにもう1台の方を乗ろうとしたらエンジンが掛からない。交互にバランスよく乗るのが、2台共の寿命を最大限延ばす方法でしょう。

筋肉は骨格筋だけで約400あると言われています。
脳も1割程度しか使っていないといわれていますが、骨格筋も全部ちゃんと使ったら凄いことが起こりそうです。

--*--*--*--*--*--*--*--*--**--*--*--*--*--*--*--*--*--*