塾生の叢です。

18日の授業で、まさか、先生のからだに触ることになるとは思いませんでした。
変な汗がたっぷり出ました。

結果・・・
まずは、手順をあたまに叩きこまねば、そう思いました。

「次はどこをどうするんだっけ・・・?」
なんてことを考えていたら、コリを感じるどころではない。
まずは、手順をからだに覚えさせて、手先に集中できる環境をつくる。
そこからだなぁ、と、変な汗をかきながら、感じました。
(先生はとっても丁寧に優しく指導してくださいました!)

自宅に帰り、さっそく父親のからだに触りました。
腰部1行線上部、3行線、全体的に痛みがありました。
反射点付近をあちこち押してみましたが、
結果・・・まったく取れず。

「ここが痛いんですね?」
だけで終了してしまった、かわいそうな父のからだ。
ごめんなさい。

しかし、わたしには、大きな収穫でした。
痛みが取れない不安や焦り、「ヤバイッ!」という感覚を体験させてもらいました。
わたしのボスキャラは、父のからだ。
かならず、この圧痛を和らげてみせま!!・・・す。。。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

伊藤です。叢さん投稿をありがとうございます。

頭の中でシュミレーションすれば、基本手技の手順を覚える事はできます。シャドーボクシングのように、シャドー整体をすれば尚良いです。覚えるだけの事はどうか皆さんご自信で勝手に覚えて下さい。

『身内の体』というは実はハードルが高いです。
息子や娘がある日突然整体の先生に・・・なるわけ無い。
お互い甘えもあるので、効くものも効かなかったりします。
身内の体で結果が出せたら本物ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*