塾生の曽田です。

授業の後半は施術の実習です。
実習の間、何度となく姿勢について注意されます。

姿勢はなぜ大切なのでしょうか。

「良い圧を入れるため」
「自分の体を壊さないため」
いろいろ理由はあるけれど、結局は

「見た目がイイ、カッコイイため」

なのではないかと思います。

ダンスでも、スポーツでも、音楽の演奏でも、職人さんの所作でも、
その目的に適した姿勢や動作はカッコイイし、感動的ですらある。
洗練された姿勢や動作には、ムリがない、ムダがない。
だから正確な動きができるし、能力を最大限に発揮できるのではないかと。

先生の姿勢や動作を真似て、実習に取り組みます。
まずは形から。とりあえず形から。
ぎこちなくて、腕がパンパンに張ってきます。

テニスを始めたばかりの、
フォームだけ真似て、窮屈に思いながらスイングをしていた、
あの時の感覚に似ています。

だからきっと、練習を続けていくうちに、
スムーズにラケットを振り抜ける、そんな瞬間が訪れるハズ。

--*--*--*--*--*--*--*--*--**--*--*--*--*--*--*--*--*--*

伊藤です。曽田さん投稿をありがとうございます。

フォームも姿勢もヘッタクレもなく、もの凄い“天才”と呼ばれる人が極々稀にいますが、ほとんどの場合、姿勢を見れば上手いか下手かわかります。

共通点は『カッコイイ』ですよね。
力まず、されど芯は通ってる。
そんな状態を目指しましょう。

--*--*--*--*--*--*--*--*--**--*--*--*--*--*--*--*--*--*