塾生の落合です。

14日(金)の話です。今頃、スミマセン。

私が、講座の中で最も好きな時間。

それは、、講座のはじめにある、おしゃべりタイム。

先生が始めに問いかけます。
「何か面白い事」「気づいた事」何かありましたか? と。

それに対して塾生が何か言って、みんなで話し合う、あの時間。

おしゃべりタイム? 質問タイム?
名前はどーでもいいのですが、、私はあの時間が大好きです。

そして、、

あの時間に先生は、とっても深イイ事を言うと私は思っています。

さらっと、話される事が、実は深い。そして心に残る。

今回の日記も、そんな時間の話です。(前置き長い?)

その日、先生は私がブログを始めた事について触れてくださり、
ブログの話題になりました。

まず、ある食べ歩きブログを紹介。

その名も「空腹時に見てはいけないブログ」

先生も参考にしているというこのブログ。
私も拝見しました。
しかも、空腹時に・・・。

完全にやられました。
お腹がグルグルと反応しちゃいます。

文章もダラダラ長くもなく、簡潔に書いてあるようですが、
重要なことは、はっきりと書いてある。
たまに、批判的な意見も書いてありますが、それも実に気持ちよく書かれています。
嫌な感じがしません。

いろいろ学べることがありそうなので、まだ見たことがない方は是非。

なぜ、このブログを例に話をしたかと言うと、

どうせブログを書くなら、認定、卒業と同時に予約が入るくらいが理想だよねって事です。

このブログの著者は、どうやら凄い味覚をもっているようで、
食べた料理を自分でも作っているようです。

料理を食べた時、出汁は何で、あれとこれが入ってて、こうすれば出来そうというのが分かるのでしょう。
料理人の方がたまに同じような事をいいますよね。

それを写真付きでブログに書いてあるのだから説得力もあります。

そして、みんな思うのです。

「この人の料理食べたいなぁ」
「この人、ラーメン屋やってくれないかなぁ」って。

多分、この方が、「ここでお店をオープンさせます」ってブログに書いたら
大行列が出来るでしょう。

広告出さなくても、大繁盛。

それだけ、すでにファンがいるということです。

すでに潜在客が、たくさんいるのです。

この話を私たちの事に置き換えますと、

ブログを読んでくれている人が

「この人に会ってみたいなぁ」

「この人の整体受けてみたいなぁ」

「早く開業しないかなぁ」

と、思ってもらえるようなブログを目指しましょう。という話です。

会ったことはないけど、気になる人になれ! という話です。

気になる人になるにはどうすればよいのでしょうか?

頻繁に更新する?
正体不明な感じにする?

これからの課題です。

いろいろ考えすぎでも、書けなくなるので自然体で書きたいものです。

あまりキャラを作り過ぎないで、実際にお会いした時に
イメージ通りだったというのが安心に繋がるでしょうから。

今回、私はこの話を聞いた時、衝撃が走りました。

ブログで潜在客を集めるなんて、頭のどこにもなかった。

発信力の練習。伝える練習。文章を書く練習くらいにしか思っていなかった・・・。

これからは、“気になる人”という事も頭の隅に入れながらブログを書いていきたいと思います。

--*--*--*--*--*--*--*--*--**--*--*--*--*--*--*--*--*--*

伊藤です。落合さん投稿をありがとうございます。

気になる人(ブログ)の条件を箇条書きにしてみると良いかもしれません。

  • 頻繁な更新

  • 実のある内容

  • 適切な日本語

  • 挑戦している

  • ちょっと危なっかしい


などなど。

で、こういう事を気にかけながらブログを書いたとしても、見てもらわなければまるで意味がありません。更新が習慣付いてきたら、しっかりアクセスアップをはかりましょう。

--*--*--*--*--*--*--*--*--**--*--*--*--*--*--*--*--*--*