塾生の伏谷です。1月21日(月)分です。

前日の望年会で印象に残ってる人は誰かという話から。
満場一致で“忍者”さんでしたが、これから整体の仕事をしていくにあたって、お客さんに覚えてもらう、また会いたいと思ってもらう為に「キャッチ―な自己紹介」をする必要があります。

自分には普通の事でも、他人には特別な事。
あまり人には言いたくない恥ずかしい自分。
そんな部分が印象に残る自己紹介だけど、なかなか自分で気付いていない事が多い。
また、「印象に残るのは突き抜けてる人」という言葉が先生からありました。

良い人に見られたいという思いが自分に殻を作ってしまい、結局人から自分を見れなくしまっているという。
さらに、自分自身の事も見えなくしてるんだろうと思います。

殻を突き抜けて、本当の自分を見る・知る・気付く事がこの課題克服に必要だと思います。

良い悪いじゃなく、自分を知る。
私の場合、意識して自分の事を見ると、悪い部分ばかりだと思い知らされます。
自分の全ての悪い部分に気付いてしまうと、人格が崩壊してしまうんじゃないかという恐怖心があったり・・・
そういう所も含めて「突き抜けて」ないんでしょうね。
開業に向け苦手とか難しいとか言ってられません。
しかし、仕事に関係なく充実した人生を送るのにも役に立つというか、必要な事だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

伊藤です。伏谷さん投稿をありがとうございます。

『突き抜ける』は『受け入れる』と同意語のような気がします。

全部受け入れる。
出来るのも自分、出来ないのも自分。
自慢もコンプレックスも全部自分。

結果、愚痴が無くなるし無いものねだりも無くなります。

『嫌い』『嫌われたくない』より
『好き』『好かれたい』気持ちをもっていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*