塾生の落合です。

4月19日(金)分です。
投稿が遅くなり申し訳ありません。

この日だけではないと思うのですが、先生が日頃から言われている事。

「整体は非日常」というお話が出ました。

これは、翌日からの南房総での合宿の話からです。
牧場での非日常体験を整体に生かそうよ、という事です。

この日は、合宿の前日。
正直なところ、いまいちピンとこなかった。
今思えば、これは私の中で圧倒的に非日常体験が少なかったからでしょう。

そして今、合宿で非日常体験をたくさんしてきました。
釣り、乗馬、バーベキュー・・・。
先生とあんなに長い時間、一緒に過ごす事じたい非日常。
塾生や先輩とひとつ屋根の下にいる事が非日常。
ストレスのない動物たちに囲まれる事が非日常 etc..
そんな非日常体験をたくさんしたら、先生のお話がピンときました。
突然、繋がりました。
やはり聞くだけでは理解は深まりません。
自分が経験しないと。
先生のお話では、世の中の不調というものの原因は、おおまかに言えば、非日常と日常のバランスが崩れていることが原因。

非日常が圧倒的に足りていないから不調になる。

バランスを戻すために非日常を増やそう。
そのひとつが「整体」。

お客さんに非日常体験として整体を受けて頂く。
私が乗馬をしたように、非日常のひとつとして整体をうけて頂く。
そうすることで、日常とのバランスが整い、不調から解放されて元気になる。

日常を減らすのではなく、非日常を増やした方が楽しそうです。

実際に私も、非日常体験をたくさんしたら、なんだかとても元気になりました。
心も身体もです。

整体の役割が、なんだか楽しい事に思えて嬉しくなりました。

この感覚を整体を受けて頂く方々に体感していただくためにも、
私達は非日常体験をたくさんした方がいい、という事だと思いました。
そして先生はいつも最後に、

「だから、ね、、釣りしたほうがいいですよ」になるのです。

今回、やっと、理解できた気がします。
遅いですね。
でも、非日常の大切さが分かると、、日常の有難さにも気づけました。
面白いです。