塾生の田邉です。

先月に行われた南房総市にある「馬森牧場」での合宿2日目。
朝は牧場主さんのご主人様を塾生Yさんと施術しました。視診動診から、左肩が下がり、猫背、首が前にいっていたことが分かりました。前屈も出来ていなかったので、私は殿筋ハムストふくらはぎをしっかり解しました。その後はYさんバトンタッチ・・・

左の股関節が硬かった(ツイストがしにくかった)ので左の大腿筋膜張筋をしっかり解し、猫背にする(肩関節内旋)大円筋を解し、あとは肩甲骨はがしをしてくれました。すると前に言ってい首はまっすぐになり、猫背は少し正され、肩の位置も施術前より揃いました。前屈も施術前よりできるようになりました。こうやって実際に視診からさせていただいて気づいたことは、まだまだ筋肉とその機能の勉強不足だということでした。

ご主人さま、施術させていただきありがとうございました。

その後は美味しいとうわさのハンバーガーを求めて道の駅三芳村へ。

「BINGO」というハンバーガー屋さんでした。とっても大きなハンバーガーでびっくりしたのに、それを食べて更にびっくり!とっても美味しい!パティが肉!っていう感じでジューシーで噂通り美味しかったです。和牛100%のパティだそうです。通りでファーストフードのハンバーガーとは大違いでした。

他にも足湯をしたり、裸足で石の上や脚つぼを踏んでみたりしました。裸足で外を歩くのっていつぶりだろうか・・・というくらい普段外で裸足になることはないので、開放感がとてもあって思わずしばらく歩き回ってしまいました。なんだか分からないけど身体の感覚が鋭なったような気がしました。

たまには裸足で外を歩いてみるのも良いです。

そんなこんなで道の駅三芳村を満喫し馬森牧場へ戻って、スラックラインをしました。スラックラインとは綱渡りのことです。丹田を意識しながら挑戦しましたが、丹田を意識すればするほど、身体に力が入り、結局2歩しか、いや2歩も進めました。スラックラインは丹田に集中して身体の力を抜き体の重心をとることが、出来るようになるコツです。整体の「イタきも」指圧のコツとまったく一緒。丹田をうまく使えるようになったら、また挑戦してみたいものです。楽しかった!

そのあとはまたお馬さんに乗せていただきました。2回目は鞍ありのお馬さんたちに乗馬。お馬さんの丹田の上に自分の丹田を乗せる。2回目もこれを意識しながら乗馬しました。1回目よりも丹田を使って上半身の力を抜けた乗馬ができたような気がしました。っていうのもお馬さんから降りて歩いたときに、身体が特に下半身が地面に吸い付くというか、地面の上をちゃんと歩いています!っていう感覚があったからです。乗馬する中で丹田が締まり、身体の軸が出来たことでそこに一直線に重力がかかり、こういう感覚になったのです。スラックラインも乗馬も整体も丹田を使えることが大事でした。今回の合宿でなんとなく丹田の使い方が分かったような気がします。

整体乗馬合宿

いろんなことを体験できたこの2日間、とても楽しく反省すべきところもありつつ、でも楽しい貴重な合宿でした。みなさんありがとうございました。