塾生の佐々木です。
12月14日(日)は遠方の滋賀県からの入塾生の男性を交えての授業でした。
前半は臨床で、今までテキストをめくった時に間違い探しの写真を見た時に「どこが違うのだろう?」と思っていましたが、とうとう授業でやる時が来ました。
結局自分の順番で1つしか答えられませんでした。その理由は「答えがそんな簡単な訳ない」とか「もっと整体的な答えにしないと」とか余分な事ばかり考えてしまったからです。
答えはすごく簡単な物でした。
手力整体は最初の見立てがしっかりと出来ないと、只の平凡なマッサージ屋さんで終わってしまうので、日々色々な人を観察して、洞察力を養い、「違いの分かる男」になりたいと思います。
後半は新入生と組んで前回までに習った基本手技の伏臥位の足までの復習でしたが、順番通りに施術するのが精一杯で、施術の姿勢とか、施術者との距離間とかは全く意識できなくて、反省する事ばかりでした。
今回は腕と肩甲骨回りの施術を習いましたが、塾長のあの無駄の無い体の動かし方が出来るようにしたいと思います。
でも時々「本当に出来る様になるのだろうか」と弱気になる時があるけれど、開業出来た時の事を想像して奮起している日々です。