2ヶ月ほど出席できず、ひさしぶりの授業でした。あまりに間が空いてしまったのでかなり緊張しました。

新しい方が入られたのでスタート講座でした。改めてスタート講座を受け、筋肉の特性などたいせつなことや、以前学んだことの振り返りができました。
授業ではいろいろな話をします。整体には一見直接関係無いような話もありますが、実は関係があったり、今まで自分が考えもしなかったりするような話題が出るのもとても楽しいです。今回「なぜ昆虫の骨(固い部分)は外側で、人間の骨は内側なのだろう。骨が外の方が守ってくれそうなのに」という話題が出ました。私は「骨が外だと、寒いからかな(冷え性なので)」など考えたのですが、いろいろな発想や意見が出ておもしろかったです。

丹田を意識した押し合いもひさしぶりに行いました。いつもは変に力が入ってしまい右にずれていくことが多いのですが、今回はあまりずれずにできてうれしかったです。普段誉められることがないので「上手上手」なんて言われると、お世辞でももう有頂天です。けれどまあまあ上手くできたのは「重心をもっと落として」「もっと腕の力を抜いて」などアドバイスを頂いた後でした。丹田コントロールは手力の基本だと思うので、今度からは助言を受けずに上手にできるようになりたいと思いました。
日曜日に数ヶ月ぶりに主人を施術したのですが、腸脛靱帯を痛がらせてしまったり、天宗が見つけられなかったり、上腕三頭筋長頭を探っていたらくすぐったがられて結局わからなかったり、大円筋の場所も見つけられませんでした。来年の課題が早くも見つかりました。

土曜日は私にとって今年最後の授業となりました。5月に入塾し、あっという間に半年以上がたってしまいましたが、予定が重なり思うように出席できませんでした。来年はもっと参加できたらと思います。
先生・手力のみなさま、たいへんお世話になりました。良いお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いいたします。