ふだんは土曜日に受講していますが、用事が重なりしばらく出席できなさそうなので、4日間集中のうちの平日2日に参加しました。

臨床ではいろいろな話が出ました。中でも特に「歩く」ことについての話題は興味深かったです。
「歩く」というと「股関節と膝を屈曲させて前に出す」と考えてしまいそうですが、そうではなく、重心の異動(重心を押し出す)によって歩いているとの事でした。股関節の伸展を意識(後ろにしっかり足を残して歩く)すると楽なのだそうです。帰宅するときに伸展を意識して歩いてみたら、いつもよりスッスッと足が出て歩きやすかったような気がします。長く自分の足で歩きたいので、これからもポイントを意識して歩いていきたいと思いました。

手技では肩を行いました。久しぶりすぎて感覚がまったくつかめませんでした。手順は頭の中に入れておいたつもりでしたが、いざ自分が手技を行おうとするとなぜか緊張してしまって頭が真っ白になり、順番がわからなくなってしまいました。次回までには手順をしっかり頭に叩き込んでいきたいと思います。

平日は3時少し前までしか参加することができないのですが、少しでも前に進むことができるよう、機会があったらまた参加したいです。