塾生の佐々木です。
25日(日)の授業は、犬の整体師養成講座の補講を兼ねて、犬のシッターをやっている方が受講に来ていたので一緒に受けました。
実は、不覚にも整体師を目指す者として情けないことに先週の木曜日に腰を痛めてしまい、昨日は授業を受けに来たと言うよりは、腰を何とかして欲しいので来たという感じでした。

まず、なぜ腰が痛くなったのかの自己分析では、毎朝商品の積み込みで、-25度の冷凍庫に入るので殿筋の筋肉の血行が悪くなり、骨盤の動きが悪くなって腰の痛みがでたのかと考えていました。だから、殿筋を解せばよくなるかなと思っていました。

犬の整体の授業の合間に塾長に腰を診てもらいました。
まず、動診で骨盤が動く状態での回旋と側屈では痛くなく、骨盤を固定した状態での回旋と側屈では痛みがあったので殿筋に問題は無いと分かりました。
次は触診で背臥位になったとたんに塾長に呼吸が浅いと言われ、腹部を触診すると、腹部がとても固くなっていて、腸腰筋の動きが悪くなっていたようでした。
この後ストレッチボールに座り深い呼吸を続けていたら、腰の痛みが和らいで来ました。

バランスボール

犬の整体のスタート講座も手力整体のスタート講座と基本的には同じです。
犬も人間と同じように、関節を筋肉で動かしているので、全く考え方はおなじです。
スタート講座も受けて筋肉について理解していると自分では思っていましたが、突然質問されると意外にも答えられないもので、まだまだ勉強不足だという事を痛感しました。
やはり覚えるだけでなく発する練習もしなくてはならないと思いました。