最近、ストレッチにはまっている塾生s.tです。
今まではストレッチは「必要だから」するものであって、あまり楽しいものではありませんでした。最近は伸びている筋肉や役割がわかるようになったからでしょうか、楽しく続けています。
最初は「イテテ・・・」だったのですが、出来てくると物足りなくなってくるもので「私にもっと負荷を頂戴!」という、ちょっと怪しい人になっています。
もともと、お客さんにストレッチを教えられるようになりたいと思っていたので、よい傾向?だとは思います。行きすぎなければ、多分、きっと大丈夫だと思います。

以前、私は壁にぶつかって苦しんでいると書きました。「こういうポーズを取ると、ココとココがゆるんでるでしょ」と言われてもわかったようなわからないような。。インプットされた『点』と『点』が『線』でつながらなかったのです。
しかし最近、点と線がつながってきたと感じています。それが思っていた以上にスピードが速いので驚いています。
まさに先生が書かれている『同時並行的』学習方法ですね。

でも、喜んでばかりはいられません。次なる課題は、既に教わった基本手技の徹底と圧の入れ方です。
基本手技(というか、全てのリラクゼーションの手技)を行う上で重要なのは、骨や筋肉をスケルトン視線で見て的確に捕らえることだと私は思っています。ちょっと前に流行った写真集『妄撮 モーサツ』の、筋肉&骨版のようなことを自分の頭の中でするのです。どうしても、そこがおろそかになってしまう自分を感じているので、頑張りたいところです。

モウサツ

圧の入れ方の方は多分、私の最難関テーマとなりそうなので片目で見ながら気楽に取り組もうと思っています。