塾生の金沢です。
今回の4日間集中講義のメインはO脚、骨盤矯正。
21日が中級、22日が上級でした。先月矯正の初級を受けた時、丹田コントロールのポーズが全然出来ず苦しい思いをした経験があるので、初級であれなのに中級、上級となるとどうなっちゃうのだろうという不安を抱えつつの出席だった。
21日の中級はストレッチと締め直し。
まず、問診表により自分の状態をチェック。次に壁に沿って立ってみる。それで自分の立ち姿勢を確認。そしていよいよストレッチ。首から腕、肩と進んでいく。

レストアストレッチ

思っていた以上に出来ている自分の体に少しびっくり。普段の生活で姿勢がよくなっているのだなぁと思う。

とは言え、その日出席の6人の塾生の中で一人だけ、ストレッチをしながらうめき声を出していたので、地獄から声がするようだ等とからかわれてしまった。
楽にできる様になったというのはあくまでも自分基準で見た場合で、世界標準の話ではない。世界への道はまだ遠い。
という訳で、自分なりにせいいっぱいストレッチをした結果翌22日は、ハムストがカチカチ。自転車のペダルがやたらに重かった。昨日、ハムストもストレッチしたのにどうしたことだ?と思っていたらその日の講義で、ストレッチも運動なのだからたまにやると筋肉痛を起こすとの事。日常生活にストレッチを組み込んでいない事を痛感。大反省。
体を変える為には日々の積み重ねが大事。
怠け心を追い出せ。という新たな決心(何度目?何度でもするのだ!!)の下、講義は矯正上級へと進む。それは次回のレポートで。