DSC04204
整体を習って就職をしようとお考えなら学校になど行く必要はありません。○○協会認定とか□□大臣認可とか称する学校で資格を取得したとしても、整体師は只の人。就職に有利になることはほとんどありません。スクールが経営するサロンや整体院へは就職しやすいと思いますが、時給は高が知れています。
研修制度があって未経験でも歓迎してくれるサロン・整体院は探せば結構あります。スタッフとして働きたいなら直接この手のお店に入れば良いのです。

何のために整体を学ぶのか


只単に「痩せたい」と言っている人は中々痩せません。
深夜の通販で運動器具を買いあさり、ダイエットとリバウンドを繰り返すのがオチ。“痩せる”ということが目的になってしまっている事に気づきましょう。本来“痩せる”は手段。痩せてどうする・何をするという明確な目的が必要なのです。

目的達成の為に手段が決まります。
整体師になる・整体院で働くというのが目的なら学校に行かなくても良い。
誰の指図も受けず自分の看板で集客・収入を得るために整体というツールを使うつもりなら、その事に特化した専門性のある学校で学ぶ必要があります。

忙しいサロンで1日8時間も人に触ってれば嫌でも施術は上手くなります。んが、独立したら施術自体は仕事の3~4割程度です。最初はお客さんがいませんからもっと少ないでしょう。
直接お金を生む実働(施術)以外の仕事が7割くらいある(暇な時期は特に)。それがフリーランスという生き方。独立するのはいわば『百姓(百の仕事を持つ人)』になるという事なのです。

開業して食えるようになりきちんと継続していけるようになるには、量産型整体師を製造する学校では難しい。これは事実だと思います。施術以外、残りの7割の仕事まで網羅している事が大切。『暇な時に何をどうやるか』。そんな事も教えてくれる専門性のある整体の学校を選びましょう。 

開業専門の整体学校/手力整体塾↑クリック。