塾生eです。
土曜日は臨床の授業でした。
まず骨盤の前傾・後傾についてでした。前傾・後傾の話は授業でたびたび出ていましたが、きちんとした理解ができていませんでした。骨盤が前傾・後傾していると腰痛の原因になりやすいので、しっかりと覚えたいと思います。

休憩時間に、先週行われた「トリガーポイント講座」の話が出ました。
私は先週上級に出て、初級にはでませんでした。初級は一年くらい前に出て、その時は頚と肩の検査について教わらなかったので、先生にお願いして後半は急きょトリガーポイント追加講座になりました(先生ありがとうございました)。
肩の動診も股関節の時と同様、声のかけ方がたいせつだと思いました。また、上腕二頭筋を相手の顔に近づけて行う動診をするときに腕を顔に押し付けるようにしてしまい、相手の方の呼吸を止めてしまうところでした(tさんすみませんでした)。細かい所にも気を付けて行わないといけないと思いました。

頚の動診を教わった時、「頚の伸展ができない人は、○○の少し下から●●の周りをほぐす」と教わりました。
先生や塾生の方々に私の頚をほぐしてもらったのですが、板のように硬かったそうです。実際私もものすごく痛くて、ギャーギャー叫んでしまいました。

翌日そのほぐしてもらったところを触ってみたら、軽い筋肉痛のようになっていました。せっかくほぐれているので、腕を後ろにまわして自分で届く範囲をほぐしてみたり、「バンザイをして腕をユラユラ動かすと肩甲骨周りがゆるむ」と聞いたので、ユラユラさせたりしています。肩甲骨周りは自律神経にも関係しているという話もあるようです。これからもユラユラさせようと思います。
筋肉の勉強だけでなく、自分の体のチェックもできてうれしかったです。
良くできました