塾生eです。
授業の初めに熱中症の話が出ました。我が家の息子も朝暑さで少々ぐったりしていましたので、興味深く聞きました。

熱中症とは、暑い中で過ごしたり運動したりすることで引き起こされた体調不良のことを言います。体の水分やナトリウム(塩分)が汗とともに出てしまい、体がだるくなったり、ひどくなるとめまいを起こしたり意識障害を起こしたりするそうです。梅雨明けして夏本番になったこの時期、気を付けたいものです。

熱中症にならないために普段から帽子をかぶったり水分を取ったりすることはとてもたいせつです。また、汗と一緒に体から出てしまう塩分も補給する必要があります。

「水分を取る」と言っても、なんでも良い訳ではありません。個人的に一番良いと思うのは麦茶です。麦茶はカフェインが無いので、我が家は冷蔵庫にたっぷり常備しています。けれど、実際に熱中症になってしまった時には、麦茶は吸収するのに時間がかかるためスポーツドリンクが良いそうです。
予防の為には麦茶、具合が悪くなってしまった時にはスポーツドリンクにすると良いと思います。最近はひどい脱水症状に陥ってしまった人のために「経口補水液」というものが薬局などで販売しています。けれど熱中症にならないために普段からこまめに水分を取ることを心掛けたいです。

ちなみにコーヒーや緑茶、ウーロン茶にはカフェインが入っており、利尿効果がありますので熱中症の予防には不向きです。ジャスミンティーも「緑茶や紅茶などの茶葉にジャスミンの香りをつけたもの」なので、カフェインが入っているそうです。ビールがおいしい季節ですが、アルコールにも利尿効果があり、摂取した以上の水分を体から排出してしまうこともあるので要注意です。

私の両親は夕食後にいつもほうじ茶を飲むのですが、「カフェインがあるから麦茶のほうが良いらしいよ」と話したら、今年の夏は麦茶を飲むことにしたそうです。寝ている間に熱中症になってしまう人もいるそうなので、眠るときも適度にエアコンを使うなどして気を付けたいです。

先日の朝暑さでぐったりしていた息子ですが、スポーツドリンクを飲ませたところ、みるみる元気になりました。夏はスポーツドリンクも常備しておいた方が良いと思いました。
 

昨日の授業は基本手技でしたが、手技の前にテストがありました。私は4回目です。わからないことが多くて、まだまだ勉強不足だと思いました。
我が家の子供たちも夏休みに突入し、授業に参加できないことも多くなる時期です。子供たちが宿題をしているときなどに復習をしていきたいと思います。
良くできました