塾生eです。4週間ぶりに授業に参加しました。
授業のはじめにはいつも「気が付いたこと」を話します。夏に旅行に行ったのでその話をしたのですが、先生は自分の体験を交えながら話を膨らませていろいろとお話をしてくださいました。その中で、「お客様とのトーク」の話が出ました。整体師の仕事のメインはもちろんおしゃべりではありませんが、会話は不可欠です。筋肉はリラックスするとほぐれやすくなります。会話によって少しでもリラックスしていただければ、体もほぐれやすくなりますし、コミュニケーションも取ることができます。授業の前にいろいろと話すのは、もしかしたら会話術(?)を磨くためというのもあるのかな、とふと思いました。
今回は基本手技だったので2時間以上たっぷり練習しました。先生とマンツーマンだったので、細かい所まで見て頂くことができました。
手技を行っている中で何度か「整体師は手で話す」と先生に言われました。“コリに気づいたら、相手から何も言われなくてもその場所を丁寧に施術する”。手で話す、とはそういうことだと思います。会話で「ここ痛いですか?」などとコミュニケーションを取りながら施術することももちろんたいせつですが、自分の「手」で相手に伝えることができるのも整体師です。
「体をほぐすと、心もほぐれるんだよ」ということを伝えられる整体師を目指します。