塾生s.sです。

昨日の授業は前々から楽しみにしていてたトリガーポイント♪ 入塾したものの出席率が低い私はなかなかこの授業に合わせることができずにいたのでしたm(_ _)m

トリガーポイント(TP)。 痛みとして症状があらわれているところを触るのではなく、その痛みを引き起こす本当の原因である「隠れたコリ」を探しそこにアプローチして主訴の痛みを取り除く。体のことを何も知らなければ「痛いと言っているところを直接触ってくれればよいのに・・・」などと思ってしまいがちですが、実は症状が慢性的なものはとくに「痛みの現れる場所」とその引き金となる「原因」は異なることが多いのです。
その痛みの引き金となっている根本的な原因探し出す作業、それが手力整体塾で学んでいける貴重なスキル(考え方)の一つでもあると思っております。

さてこの日は、初TP授業の私が受け手にならせていただき、凝りが発生している場所など痛みの原因を動診や視診から予想し(仮説)、施術後その結果をみるということをしていただきました(検証)。
その結果、自分では気づかないところに凝りや障害があることがわかりました。

・・・さらっと書きましたが、これってすごいことだと思いました!
今まで整体院などにはそれなりにお世話になっていた私ですが、この日狙いをつけられた場所(筋肉)をアプローチされたのは正直初めてでした。そして仮説と検証は施術をしながらこちらの反応を見て何度も繰り返され、すっかりお客さん化してしまった私・・・。 仮説(予想)と検証(施術)を繰り返し、ゴール(痛みを取り除く)という作業を体感させていただきました。
また、結果として、動きが悪い筋肉(ちゃんと使っていなかった筋肉)が突き止められ、痛みや不調の原因は「凝り」だけではないということも知りました。

主に大腿筋膜張筋、縫工筋、腸腰筋にアプローチしてもらったその日の帰り道、なんだかいつもより地に足がついている感じがし、とても歩きやすく感じさっそく施術効果実感♪
そして次の日の今日、いつもは動きっぱなしで夕方には足がクタクタになっているのですが、なんだか元気。疲れがいつもより少ないのです。

痛みなどの不調がある人、なんだか不自然な動きや姿勢の人、その人たちも凝りを取り除き、使うべき筋肉をしっかり使えるようすればもっとラクに生きられるのかも、と思うと、今度は自分が誰かの痛みをケアできるようになりたいと思うのでした。

DSC03241