塾生s.tです。先日の授業で、私が恐竜の名前を全く知らないという事実が判明しました。
私にとっては、皆さんが恐竜について知っていることの方が驚がくなのですが。。 

さて。今日は塾生のA子さん(仮名)が普段されているという姿勢から推測したことを書いてみたいと思います。A子さん(仮名)がいつもされているポーズは次の通り。

お腹を突き出して左足に体重をかけ、右足はひざを曲げて開いています。
すると上肢が右に傾くため、頭を左に傾けることで視界を水平に保っています。
左足のつま先はまっすぐ前、右足のつま先は右を向いています。
そして、よーく見ると左足もすこし膝が曲がっています。
(左股間節の伸展、内旋、内転、左膝関節の屈曲。右股間節の伸展、外旋、外転、右膝関節の屈曲。)

そのポーズを見たとき、私は「あ!」と叫びました。これ、駅のホームで見たことがあります。全く同じポーズです。なぜか、左足のつま先はまっすぐ前、右足のつま先は右を向いているのです。
駅で見かけたとき、なぜ、あんなにつま先の向きが左右で違うのだろうと不思議に思い、私も同じポーズをしてみました。(すぐに左足に痛みを感じてやめました。)

でも、A子さん(仮名)にとってはこれがとても自然なポーズなのだそうです。この姿勢からA子さん(仮名)の苦手な動きや痛む箇所を推測してみました。

まずは左足ですが、内転・内旋しているため、PTが苦手だと思われます。
また、常時左足を軸にしているため(左のお腹に寄りかかっている)、右よりも左の股間節の伸展が強いと思われます。
従って下腿、大腿も左の方が硬いのではないかと想像します。腰痛も左側の方が強いのではないでしょうか。

一方、右足は外転・外旋していることからFDが苦手なことが想像できます。
両足の膝が屈曲しているので、膝痛を持っているか、時々膝が痛むことのではないかと推測されます。
膝屈曲は右足の方が顕著なので、右膝の方が痛みが強い可能性があります。

頸は左に傾くのが癖になっているので、右側の斜角筋あたりに痛みが出ているのではないかと思われます。


実は この後、動診をさせていただきました。
結果は、SLR右×左×、ブラガードテスト右×左×、KK右△左×、FD右×左×、TW右○左×、PT右△左×でした。
KK(股間節伸展)の結果が右の方がよかったのは、左の方が伸展が強いという予測と合致しました。
右股関節は外転・外旋していることからTW(内転)苦手と思われましたが、結果は意外にも○でした。

今度また A子さん(仮名)にお会いしたら、痛みや筋肉の硬さが予想通りか、質問したり触らせて頂いたりしたいです。
A子さん(仮名)、またよろしくお願いいたします!