塾生eです。
4日間集中に土曜日を除く3日間参加しました。

日曜日はレストアストレッチ(上級)でした。
体が動かしにくいと思ったら、それは重心がうまく使えていないとき。重心を意識して動くと体はもっと動きやすくなるということを学びました。

骨盤が正しい状態にある時とそうでない時にどれだけ足の力の入り加減が違うのか、ということも実際に力比べをして体験しました。
股関節が内旋しているか・外旋しているかの違いで力の入りかたが全然違うことに驚きました。

3日間出席して、自分が足りないものがますます見えてきました。
動診も手技も行うときになぜかとても緊張して頭が真っ白になってしまうので、まだまだ練習が必要だと思いました。
 

私にとって整体を学び始めたことは「大きな一歩」でした。けれど卒業していてもおかしくないくらい通っているのにいまだに自信が持てずモヤモヤと考えてばかりいます。
もしかしたら大きな一歩を踏み出せたのではなくて実は小さな9歩分くらいで、残りの小さな一歩が私の行く手を阻んでいるのかも…とか考えてしまったり、モヤモヤの正体が何なのかもよくわからず・・・。

『「Why?」よりも「How?」』という言葉が、我が家のトイレにかけてある松岡修造さんの日めくりカレンダーのちょうど今日の日付の所に書いてありました。
現役時代、松岡さんにも不調の時期が長く続くことがあり「なぜこんな目に会うんだ?」と心が後ろ向きになったそうです。ですが今の自分を真正面から受け入れて「どうやったら今の状況を良くできるのか?」と考えるようにしたら、前向きに進んでいくことができるようになったそうです。

「ピンチや逆境を乗り越えたいなら「Why?」ではなく「How?」で前に進め!」。今日は少々冷えますが、熱い松岡修造さんの言葉に少し励まされました。

レストアストレッチの日に卒業生Hさんがいらっしゃいました。とっても明るくてパワーに満ちている方でした。あまりお話はできませんでしたが、こういう出会いってうれしいですね。ありがとうございました。