塾生eです。
以前のレポートでも少し書きましたが、手力整体にとってとてもたいせつな「検査」が苦手です。
なぜ苦手なのかというと、かなり思い込みのところも多いと思います。「苦手だなぁ」と思いながら行うので異常に緊張していまい、変なところから汗は出てくるし、頭も真っ白になるしたいへんです。

けれど「苦手だから、やめちゃおう」という訳にはいきません。そこで週末、夫に協力してもらって練習しました。

最初に「体で気になるところがあるかどうか」を聞きました。「最近は少し楽だけれど、昔から腰痛がある」とのことでした。

まずは視診。
肩が内旋していて、ひざが屈曲、足首は背屈。(首は太くて短いのでよくわかりませんでした。)
続いて立位での動診。
屈曲の時にハムストに痛みがありました。側屈と内旋ではお尻のあたりに違和感があるといわれました。
続いて仰臥位。
SLRでは両足ともハムストが張って痛みがでました。FD、ツイスト、パトリックでは、動作はできますがすべてお尻に痛みが出ました。

ここまでレポートを書いて、気付きました。左右差を見るのを忘れてしまっていました・・・。左右差をなくすことは施術でとても大事なので気を付けなくてはいけません。反省。
 

視診の時に「後傾気味なので、殿筋・ハムストに痛みが出るかな」と予想しましたが、実際に検査をしてみて予想通りの結果になりました。実際にそのまま施術ができたらコリのあるところも確認することができたのですが、残念ながら今週末は時間がなくてそこまで行うことができませんでした。けれど「左右差をきちんとみる」という反省点を確認することができました。次回は施術を含めた練習ができたらと思います。