こんにちは。塾生サトウ(w)です。ずっと授業に参加していないので、その間にあった事を書きます。

先日、彼が「足攣る!」「攣った!」
「マジ♪♪」という事で、攣った足でいろいろ試せました〜。

一回目に攣ったときは伸ばして落ち着き、その後筋肉を解す為に抵抗運動をしました。
もう大丈夫〜と思った瞬間に二回が来ました。
この時は、攣った所を軽く叩くだけで大丈夫でした。

右下腿を触った所腓腹筋が激痛らしく、下腿だけ施術。でもゴリゴリが取れないので、反対側にある前脛骨筋を押してみましたが変化なし。
小指の付け根も激痛。ちょっと痛そうで可哀相なので他へ。左側の腓腹筋を押しても変化なし。
んー。じゃー前腕。でもゴリゴリで痛そうなので長掌筋遠位端をグリグリ。
この時点ではまだ腓腹筋は変わらず。
前腕がちょっと触れそうな感じになってきたので前腕屈筋へ圧。

犯人は前腕屈筋だったようで、腓腹筋のゴリゴリが柔らかくなりました。
激痛だった小指も大丈夫に。

ここの所、左手と右手の温度に差があったようで、左手がいつも冷たかったそうです。

ここもその原因の1つだったのかな?と言う感じです。

全身施術すれば、また何か発見があったのかも知れません。
会社の研修&テストで頭がいっぱいいっぱいだった私はそのまま放置。
今度ゆっくり確認したいと思います。

翌日、手の温度が左右一緒になったとご報告を受けました。

トリガーポイントってハマるととにかく楽しいし嬉しいなぁ〜と実感した一件でした。