塾生s.sこと、佐々木寿美です。
今さらながらの本名です。「佐々木」という苗字は歴代塾生に多らしく、また一般的によくあるので、あえてフルネームで名乗るのことにしてみました。

ブログを書く際、どこの誰が発している文章なのか所在を明らかにすることは信頼感につながるので本名なり芸名(?)なり何かしらのネームを表に出したほうがよい、ということをいっていただきました。よく考えるととくに私は名伏せする必要もなく自分が発信する文章に責任を持つという意味も含め、「なんとなく」のイニシャル表記をあらためることにしました。
 

信頼感。日頃からそういうものを感じてもらえている態度であらねば、とハッとしました。

*・゜゚・*:.。..。.:*'・*:.。. .。.:*・゜゚・* 


先日の授業では初めてのベッド施術を経験させてもらいました。
思えばイチお客として整体にお世話になっていた時を思い出すと、ほとんどベッド施術のお店で座揉みスタイルはレア。入塾して座揉みスタイルの利点を教えてもらっていましたが、実際ベッド施術を練習してみて、それを実感した気がします。

ベッドは座揉みに比べて股関節の可動が多くなってしまうので重心を定めるのが難しく軸がぶれてしまい、体重をかけた圧になったり力がまっすぐ伝わらなかったり。そういうことが座揉みで行うよりも多くあり、最初は自分の体をどこにどうしていいのやら、、という感じでした。
足の位置やベッドとの距離感を、先生が一人二役、施術相手をしながらベッドの上から細かくチェック・助言してもらい、だんだんと自分のとるべき体勢が理解できてきました。
 

座揉みをマスターしていればそう難しくないというベッドでの施術。やはり基本を固めることしか応用にはつなげられませんので、まずは自分の丹田をコントロールできるようになることに尽きる、と原点にかえります。

 

今回ベッド施術を教えていただいた経緯としては、6月に行われる野外イベントで共同ブースにて施術を行う機会にお声をかけてもらったため。ベットor座ったまま、1人あたり15分程度という短い時間ですが、整体現場経験ゼロの私にとってはいろいろな人の体を体感できるチャンスかと。イベントの主旨からターゲットは主に子育て世代のお母さんになる予想します。「痛みを取る」とか「不調を改善する」とかそういうことを第一目的をしないことになっていますが、こっそり(?)そういうことも目指せたらな〜と思います。
 

いつもやっている座揉みではなく時間も短いこと、子育てに関するイベントでお客様もさながら私も子連れ施術者として参加となることetc、考えるといろいろドキドキする要素はありますが、楽しみでもあります。
世のお母さん方の気持ちと体に触れられる日になりますよう、私自身がまず心と体を整えていきたいと思います。