塾生 益田です。膝を痛めてしまいました。原因は、我が家から三鷹駅まで往復1時間歩いたことです。1時間ぽっちで、まったく情けないことです。ちなみに運動靴ではありません、ゲタです。真冬以外は、通常ゲタの生活です。

先日の集中講座で正しい歩き方教えてもらいました。興味津々でしたので教えてもらえてすごーくうれしかったのです。さっそく、うきうきしながら足の親指に体重のせて蹴って、いい感触を得ながら歩きました。前に出てる足に体重をのせ蹴ることは気持ちいいなあと素直に感動しました。

その感動もつかの間、翌日早朝、目をさまし起き上がろうとしたのですが「あれっ?どうした?」左膝の内側痛くて立ち上がれません、とほほ…。実は膝は20年前から痛んでて生活にほぼ支障はないもののいつも違和感を感じてました。末っ子の娘が生まれて(上に息子2人)おんぶする時間増えたことから始まったと思います。当時、背中も痛くて近所の女医さんに診てもらったらすぐおんぶやめなさいとのことでした。

 自分自身の痛みは、格好の教材です。朝4じごろでしたが塾の資料をとりだし(立てないので体をすべらせるように移動し)どうすれば立てるか、歩けるか探りました。仰向けで左ひざ屈曲のまま伸ばせない、内転,内旋できない。筋肉は、縮むことしかできない…膝屈曲、股関節内転、内旋の時痛いから拮抗する膝伸展、股関節外転、外旋の時縮んでる筋肉をストレッチすればいいと思いました。レストアストレッチで習った数点のストレッチゆっくりやりました。痛みは、うそのように消え、立ち上がり部屋を歩けるようになりました(100点とはいきませんが)。すごい!整体のすごさを体感しました。

 痛みが和らぎ油断してたところ数日後の日曜日(塾の日)また膝が痛みます。こんどは、先日と違い膝屈曲、股関節外旋でたまらない痛みがあります。塾の先輩たちが、股関節などの固かたまってると思われる部位を手技によりとってくれました。おかげさまでいまは、生活に支障なく過ごしています。みなさん、頭と体を使って整体していただきありがとうございます。感謝しています。
 
 先生の話によると、生活の中で内転筋群、縫工筋など使えてないのだろうということです。それから、ヨガのすわりかたのように足を左右に開いてすわることを家では減らすようにとアドバイスうけました。

 膝の調子もよくなったので、気になってたこの時期の仕事着手しました。この季節うめぼし漬けるのですが(今年は4キロ)、無事にしそをもんで梅の塩漬けにのせることできました。