塾生 益田です。
三鷹は土日、阿波踊りで多いに三鷹駅前は盛り上がりをみせていました。揃いの衣装で年代に関係なくみなさん誇らしげに手足動かしていました。この阿波踊りも骨盤が自由に動かせ自在な丹田を持ってる人は、上手な踊り手なんだろうなあ。

今回は、レストアストレッチを学習しました。自分のからだを本来の自然体にするには、だれかに手技などしてもらうだけでは足りないそうで自力でセルフケアしなくては完治できないとのこと。例えば受験勉強など、学校の先生は一生懸命教えてくれるけど自分の頭に覚えることができるのは、自分だけ。勉強も自然体も自力なしには到達しません。

まず症状、姿勢のチェックおこないます。姿勢を診ることで「この人この動作しにくいだろうな。」とある程度予想(探偵になったつもりで推理する)します。その後、動診で筋肉の柔軟さをチェックします。SLRなどは、チェックする人は、脱力し、立ち位置、患者に触れ方など気をくばります。予想がぴったり当たったら整体の勉強がさらに楽しくなりそうです(つまずいて苦しんでばかりですが)。

そして最終的には、各人に必要なストレッチと締めなおしの運動を教えることができなければなりません。レストアストレッチによりインナーマッスル再生、自信がつく、自分のからだを自身が直せるなど多くの効果が期待されます。丹田を自由に操れるからだ、なんだかサムライのようで超魅力!

丹田コントロールのチェックというものもあって検査の結果は、まったくダメ状態。施術にも多いに響きます。このストレッチを実践してなんとか会得したい。バランスボールの力も借りてぜひ……。自分の内部の弱点を知ったことは、一歩前進ととらえよう。

動作チェックでは、FDが特に苦手です。骨盤がうまく動かせないこともうんと関連してるんだとおもいます。からだの深いところはみえませんがそれにしても400もある骨格筋のうちどれほど動かすことができているのだろう。二ヶ月前にレストアストレッチ1回め教えてもらい何度かとりくみました。うつぶせで片足を両手でもち頭に近付けるのがうーんと進歩しました。この塾に入って筋肉はまんべんなくどれも動かすことがたいせつと知りました。言われてみればあたりまえとも思えますが、世の中はさまざまな考えがあって本質見逃しそうです。

Sさんの幼稚園のストレッチ会、自在な丹田でぜひ成功させてください。