まずは手力整体塾10周年おめでとうございます。22日に10周年お祝いの飲み会に参加させていただきました塾生の増田です。翌日先生から参加した感想を聞かれ一言「なんてパワフルな女性陣ですか」と言ってしまった。それだけ手力整体塾を通して自分らしさを生き生きと出して歩いていると感じられ、本当に久しぶりの心地よい飲み会に参加したと思いました。(スキー仲間と野沢温泉で飲んだような何とも言えぬ感覚と一緒)来年の初めの飲み会も楽しみになりました。

さて、この飲み会の前に行われましたMM講義が約8時間あり一人一人の自分探しの濃密な時間がありました。正直整体の技術や知識を習得する為に入塾したのになんでこんなことをするのかと不思議に思いながら事前課題に取り組んでいた所今まで生きてきたでき事を思い返すいいきっかけになり、がんばっていた自分やサボっていた自分を客観的に見れてこれからの自分は?と自問する機会ができ、整体への取り組み方の意識が少し変わった。なのでこの授業はいいタイミングで行われたと先生のすごさが感じられた。

この授業の中で、普段言わないことを自分が話していることに少しびっくりした自分がいました。(気付いた方はこっそり教えて下さい)このことは、自分らしさを探すための心のカギを開けた感じでこの感覚を大切に持続できるようにしていきたいと思いました。
このように、内面へのアプローチをしたあとと今週の自分の頭の中では施術や手力整体的思考の部分の欠如がより浮き彫りになってバランスがとても大切であり今後の取り組みへの励みになりました。

また、飲み会で幹事をいて頂きましたAさんからえげつない自分への分析を言われた。なるほどと思う反面、人からそんな感じで受け止められていると考えさせられ、今の自分にとってかなり深刻な問題となっています。Aさんの感性はすご過ぎ見習いたいです。(おそらく先生も気付いていると思う)

最後に、今回飲み会を通して手力整体塾を卒業した方々を見ていると先生がよく言っています「遊びある人生」を歩んでいる(進行形)と感じられ、自分も卒業し時間が経って周りから「人生楽しそうですね」など言われたいと思ったし、手力整体塾はある意味「パンドラの箱」か?とも思う今日この頃です。