塾生 益田です。
青木さん、御卒業おめでとうございます。4日集中の初日に基本手技させてもらえてとても有意義でした。アドバイスしていただいた数々、実になるようにしていきます。入塾以来、困っている時いつも助けてくださいましたね。「ありがとうございました。」小林先生と仲良く仕事して、ひと花もふた花も咲かせてください。

友人が「ふくらはぎパンパンに硬いの。どうして?」ということで、塾でみんなと考えました。ふわふわ感がなくカチカチに硬いのはなんでだろう?なぜそんなにかたくなってしまったの?

先生より……頭でだけ考えていてもよくわからない時は、言葉にしてみること、かんたんな絵をかいてみること。本人の姿勢をまねするのもいいけれど感覚は、曖昧なこともある。

骨盤は後傾していて膝は伸びきれず屈曲していた。絵からわかることは、収縮している(使っている、力はいっている)筋肉は おしり、四頭筋、ふくらはぎ。縮まっているのは膝裏、脛。

ふくらはぎ硬くパンパンなのは、つま先に体重かかり地面を押してなくちゃいけないから。脛は、使ってやってないから硬い(短縮してるけど収縮してない)。

対策:1 ふくらはぎ、脛ほぐす。 2 脛は縮んでるのでストレッチ、ふくらはぎはのびきってるので縮まらせる。(おなか突き出しタイプのような膝裏伸びててふくらはぎ硬い場合も対策は同じ)

他動ストレッチは、魅力感じます。終了後、血の巡りよくなって、頭すっきりしました。Eさんありがとうございます。

ヨガの研修会でも相手のからだを伸ばすやりかた教わります。もったいないことにあまり身に付きません。講師の先生は、ひとりで50人ほどに教えます。しかもたくさんの種類教えてもらうのでひとつひとつの動きに十分な時間とれません。手力整体塾では、少人数で時間かけて教えてもらえるのでありがたいです。しかも同じ内容の授業を何度も受講するチャンスがあるので感謝です。

他動は、慣れないと加減むずかしいので練習して自分のものにしていきたいです。私は、頚部のストレッチが特に気に入ってます。

最近は、“死”が頻繁に話題になりました。「いつ死んでもいいように生きる」「ひとりひとり与えられた寿命がある」「朝、目がさめることはあたりまえでない」…こんなようなことが頭のかたすみにでもあれば24時間の過ごし方も変化しそうです。“徹子の部屋”のトークにも負けてない幅広い話題が、脳みそのリハビリとなっていていつも楽しみにしてます。

あしたもできれば無事目がさめますように!