塾生の田代です。

5月29日の授業に参加させて頂きました。
授業前半は皆さんが合宿された感想や気付きの話を聞かせて頂き、合宿に参加した事で目の前の事を取り組む事の大事さや先々の事を考えて不安になってしまっていた事があったなどと言う話を聞くと普段聞く事がないだけで人それぞれ何か抱えていた事や思う事があるんだな~と改めて思いました。
私は合宿の延長のような気持ちで先日、高尾山に行き大山とも違った雰囲気や草木の匂いを嗅ぎ近くのトリックアート美術館に行って目の錯覚を起こす不思議体験をしてきました。
授業の帰りに先生にも言われましたが日頃いかに視覚に頼って過ごしてるかが勉強になったという事と脳の情報が体に錯覚を起こす現象は酸欠が起きていなくても心の痛みが体の痛みとして感じてしまう事と似ているのかなと思うと脳って騙されやすいのかとも思いました。
そう考えると先生が言われる凝り固まった脳をほぐすと体も世界も変わるって言われていた事が何だか分かってきたような気がします。

アウターとインナー・・
塾生のSさんがボルダリングを体験されて筋肉がプルプルしてしんどかったお話をされていました。
インナーの筋を使う所をアウターの筋で頑張ってしまったのでプルプルしてしまったのでは等と話されていた時に前からインナーとアウターの区別が出来ていませんでした。
答えは身体の表面にみえる筋肉はアウター(表層筋)でその奥にある筋肉がインナー(深層筋)と教えて頂きました。
気になったのでアプリVisible Bodyを参考に調べてみたら筋肉の総数238個
アウター85個インナー153個でした。(インナー・アウターの判断は間違えてるかも知れません)
体幹と言われる部分の筋を見てみてもこんなにあるんだ。。
首から頭にかけて小さくて細かい筋肉って沢山あるなって気付いたのと400以上あると言われている筋肉って不随意筋と他に後どこにあるんだろう?って疑問に思いました。
1つ1つ数えながら書き出してみると結構大変でしたがSさんのお話をきっかけに再確認する事が出来ました。

後半の施術の練習では仰向けの流れが自分の記憶に少し曖昧な所があったので復習してちゃんと脳に情報を送って次回に臨みたいと思います。


良くできました