塾生田代です。

四日間集中の初日に手力体験の方が来られました。
リラクゼーションに5年も勤めて経験豊富な方をお迎えし私とOさんの施術の練習にご協力して頂き自分の課題やこの先、開業し施術を行った際に起こりえるだろうと思える経験をさせて頂きました。

施術をしてみて・・・
Oさんと一緒に主訴(腰部の痛み等)を聞き、一連の確認作業を行い予想を立てて施術に臨みました。
体験に来られた方が女性という事もあり、手の位置、添える場所には気をつけようと意識がいき、いつも以上に緊張と不安があってか尋常じゃない汗の量の中、施術を行いました。
普段いかに女性受講生の方が快く、リラックスさせて貰いながら施術の練習させて頂いているのかと思うと感謝感謝です。

施術後の検査を行った時の反応をみて感じた事・・・
時間の配分が上手に出来ず股関節、膝関節、足関節、ローテーションで終わってしまいましたが、最後に痛みの出た所の確認をした際に、PT、FDにまだ少し痛みが残っているという声を頂きました。
PT、FDの痛みをとる事も目的としていたのですが取りきれなかったという結果は私には生々しく今後何度も直面していく事では無いかと思い、体験会終了後にあの時何をすれば良かったか、何が足らなかったか、1つの物語としてどう終わらせてこの次を繋げるかを考える良い機会でもありました。

一個ずつ小さな一歩でも前へ・・・
もう少し検査の際に診る所や相手がどこがどのように辛いなど自分に落としこめるような確認と理解が足らなかったのではと思いますし、痛みを取る為の手段、発想力があればもう少し結果は変わっていたのではと今は思っています。
それと取りきれなかった理由としては、中々手強かったとかではなくてコリをしっかり見つけられなかったり、正しい圧が出来ていない事も原因では無いかと指摘も受けつつ自分自身も思いました。

四日間初日で経験できた事が二日目から学びたい事に変わり、施術中の体の使い方、コリを見つける、抵抗運動の発想力など、はっきりとした目的がある状態で先生ご指導して頂きながら学ばせて頂いております。
三日目の小テストを行った授業も終わり、私は先生が説明されている最中に考えて自分の言葉にしようとしてしまう癖があるので、説明を受けている最中は、先生に教えて頂いた『無心で聞く、言葉に出す』を意識した四日目ではチャレンジしたいと思います。

手力体験に来られたSさん、施術の練習として身体を貸して頂けた事でとても勉強になしました。
ありがとうございます。


良くできました