塾生 益田です。
「王子さまは明るい太陽、眞子さまは見守ってくれる月のような方」…太陽(陽)と月(陰)は、このお二人のみのことではありません。

中国の考えに陰陽道というものがあります。森羅万象この世のすべて陰陽でなりたってる(光と影、表と裏、押すと引くなど)という考えです。陰陽太極図ってありますよね。まがたまのような形ふたつ組み合わせて、ひとつの円にした白黒のマークです。白は陽で黒は陰を表します。近所に八幡神社がありますが、そこにもその白黒のマークあります。

太極図は、陰と陽ははっきりまん中で分けられなくて、陰に傾いてるものもあるし陽に傾いてるものもあることを表現しています。陽極まれば陰となる、陰きわまれば陽となるとも言われます。小さいまるは、陽の中にも陰があり陰の中にも陽があり、100%陽100%陰はないって意味だそうでなるほどなーと思います。

腸の中には、善と悪の菌がいて、善を増やすと健康にいいと言われてるので、キムチやヨーグルト食べますよね。悪は一匹残らず退治すると良さそうな気がしますが、悪が少なすぎ(かたむき過ぎ)は、善が働く気をなくすのだそうです。陰陽の考えとまるでいっしょです。悪は悪で役に立ってるのです。バランスが大切で、「一方に傾き過ぎはよくないよ。」と教えてます。確かにそうだ。肝にめいじなければいけません。

わたしは、ずっと前から膝痛に苦しんでました。今は、手力整体の授業のおかげでほぼ好調です。原因は、股関節屈曲 外転 外旋…あぐらの多すぎる生活でした。ヨガをするのでレッスン中はもちろん、家でもかなりな時間、蓮の花のポーズ(あぐら)でした。縫工筋は、OFFで働いてませんが、短縮していてこりができてました。一方に傾き過ぎた結果です。

膝痛は、膝がちゃんと伸ばせないことが原因です。なので施術は、膝屈曲筋を十分にほぐします。内旋に関連してる縫工筋などのこりとります。膝が外向いてるのに足先が内向いてたら膝こわれます。

わたしの場合、主に縫工筋が凝ってて痛みが出るので縫工筋のストレッチ重点的にやってます。膝痛の場合は縫工筋をストレッチする…ということは、あの本にもこの本にも書いてますが、「なぜ?」を理解してストレッチするかよくわからずやるかでは、大きな差があります。幼いこどものように「どうして?どうして?」を考えていく人でありたいです。

良くできました