塾生の増田です。
先週は、土曜日に英語の授業に出席して頭の中が筋肉での伸張性収縮を感じた日を送りました( 拒絶しながらも知りたい好奇心との戦い)。ここではエリー先生からは、中学で学ぶ簡単な基礎を教えて頂いたがもう既に頭からない状態で思い起こすことができた?(自分では)
また、施術などの基本文章も同時に教えて頂き上記の基礎を踏まえてどうアウトプットするかが問題です。(自分は、カンペなど作り選んで施術するスタイルと思案中)
貴重な体験をさせて頂き伊藤先生とエリー先生に感謝です。

さて翌日の日曜日 です。
授業の中で、Kさんからこりやハリの違いや痛みが出るメカニズムとの関係性について の質問が出ました。(今思えば、先生からきちんと教えて頂いた内容をつなげればできることなのに)

自分は、入塾してから自分なりに考えまとめていたつもり(今となっては)であり今回いい機会なので説明しようと思いさせて頂きましたが、Kさんから質問を返されて答えられない自分がいた。その原因は内容のまとめで一部間違った理解と説明内容の飛躍と基礎となる生理的内容の理解が出来ていなかったことです。(今回改めてまとめ直してスッキリしたが)

さらに、 Kさんからは「何がわからないのかがわからない」と言われていたことを踏まえずに説明し始めて、基本的な用語の定義がわからないので説明自体がわからないと自分の説明中指摘されその通りと反省しました。このことは、相手の要求事項に対する理解とその対応がまだまだな上、今後のお客様を相手にする時を想定したら一発レッドカードと思いました。

どうも自分は、いろんな物事にはしょる傾向が強いと思い始めていまして今まで理解していることも再度自分に問いかけて基本的事項をつなぎ説明できるようになりたいです。
 

良くできました