塾生のサカグチです。


家では胡坐をかくことが多く、その為腰をよく痛めてしまいます。

軽い運動やストレッチをしてみても、痛みがなかなかとれなくて、痛みが残ったまま数日間過ごしていました。


痛みとは?

体からのサイレン・警告であり臭覚、味覚などの感覚のようなもの。


どこが痛みを感じるのか?

痛みを感じるのは筋肉だけで、他は痛みを感じない。心臓は心筋という筋肉で、できているので痛みを感じる。

胃・腸も筋肉でできているので痛みを感じる。ほかの臓器は、筋肉でできてはいないので痛みを感じることはない。

頭痛の痛みは、頭部の血管が筋肉でできているので、痛みを感じる。脳が痛いわけではない。


何故痛くなるのか?

筋肉が酸欠になると痛くなる。


筋肉の酸欠って何?

筋肉の役割の1つに、骨格筋ポンプというのがあって、筋肉を動かすことで、体液を全身に循環させる役目があり、体(筋肉)を動かさなかったり、激しい運動をして血液中の酸素が不足すると痛くなる。

ので、筋肉痛なら痛めた時と同じ動きをして、筋ポンプさせて酸欠を解消させる。


ってことは、胡坐で痛めたなら、胡坐の恰好では筋ポンプはできないので、

先日の塾長のブログでスクワットの話があり、早速やってみました。


最初は10回で様子見。左側屈が痛くてできなかったのが、痛くてもできるようになってる。痛みがあるので判断はつかず。寝る前にもう一度10回程度やってみる。痛みはあるが気にはならない程度になっている。そのまま就寝。


次の日、痛みが消えていたので。スクワットの効果を確認できました。


筋肉痛→筋肉のコリ→施術→ストレッチ。って考えが最初にあって、

一人でできる事と思えばストレッチというのが頭にあり、固執してたのかなと、施術とは筋ポンプする事だと肝心なことが抜けていたなと思いました。

後、下腿のストレッチの効果がないので、やり方を見直さないといけないなと、思いました。



良くできました