塾生の笹井です。はじめて投稿させていただきます!

全体のお話を聞いて、今まで自分が曖昧にしていたことに、ピタッと答えが出たことと、全く意識していなかった為、驚いたことがありました。

私の姿勢であるお腹突き出し姿勢は、3Gに地球の重力が変化したら、1番初めに滅びるということ。その辺に折れ曲がった人がゴロゴロ倒れていると先生が言っていたのは…とてもインパクトがありました。股関節の可動域いっぱい、もう力の逃しようがなく、またそこに頼るからこそ、身体の筋力を最低限しか使わなくていい姿勢。そういう危うい姿勢を自分も含めてどれだけの人がとっているか。

そして唯一、上半身と下半身をまたいでついている腸腰筋が弱くなると、身体の使い方が個々になり、下半身太りやハンプティダンプティ体型を作り出すことにも驚きました。手力整体の手技は、指や手で押すのではなく、身体を一つにして動かすということなので、日常の生活の中や仕事中にもまずは意識して行っていこうと思います。

身体のコリとハリの違い。筋が縮んでいる部分のことをコリ、引っ張られて伸びているところをハリ。ハリには力が入っていて、コリには力が入っていない。縮んでいる部分には、力が入っているのだと勘違いをずっとしていました。そのせいで、張っている部分を引っ張っているのだと。
筋肉の柔軟性に、伸びる柔軟と縮む柔軟があることにも驚きました。縮む方向にも硬さが出る。本当は知っていなければいけないことを、私は知らないと改めて認識しました。

耳、肩峰、大転子、ひざ、つちふまず。施術の際、座ってもらう時も寝てもらう時もその位置を意識することで、身体への圧の入り方が変わる。表面的な圧から、深い圧へ。

筋反射。圧をかけて一度ガードをしてもらうことで、緊張後の弛緩を促す。私はそのイメージを持ちながら施術を行ったことがなく、感覚がまだわかりません。これから身につけていけるよう頑張っていきたいのと、はやく手技の練習をしたいと思いました。


利き手があることによる身体の歪みがあるなら、反対の手を使えばいい。
今まで指先の感覚を養うことや、頭の体操にいいなど聞いたことがありましたが、反対の手を使うことによって身体全身に作用するということは、考えたことがありませんでした。反対の手を動かすことによって可動する筋肉、関節、また全身の重心移動など、身体が満遍なく使うことの重要性を感じました。

最後に、利き手を使うことこそ無条件反射の代表だなと思いました。これから自分の身体を通して、色々なことを学んで、発見し、考えて、伝えて、身につけていきたいと思います。


よく出来ました