塾生の増田です。
先週土曜日、日曜日に授業に参加してきました。その中で以前から自分にとって疑問や確信が持てない事柄が自分の中にありふとしたことで気付いたので報告させて頂きます。

確信が持てない事柄がありそれは、海外生活が長かった塾生Kさんを施術する機会を以前からありまして施術するのですが明らかにコリがありこれは大概痛いと感じると少ない経験から自分なりに思っていたのですが、Kさんは「いた気持ちいい」といった反応が返って来ます。しかし、別の塾生Hさんはあまりコリのない所も少し触るだけで「痛い」と話されていて自分の中にある感覚がおかしのではと思っていました。(でも、塾生Kさんのコリは施術できちんと取れているのですが・・)

しかし、Kさんが日曜日に次の手技へ進む為先生に施術されている時、先生に「これ痛くないですか?」と言われているのに本人は「いた気持ちいい」といった反応を示していてそれを聞いた自分はKさんに対する自分の見解が全く間違っていないことに安心と少し自信が持てました。

次に、自分の疑問ですが塾生Hさんの触ったくらいで痛いと反応されることで、土曜日の施術練習で先生が同じ所を触っても痛くなく私が触るとはっきりと「痛い」と言われ本人には先生とまず触った場所は同じか確認した所同じと言われて自分の頭の中ではそれではその違いは?が生まれました。
そして次の日に、ローテーションの練習をやっていた所先生から「私が一度するので違いを考えて下さい」と指導が入りその場のみんなで考えました。そこでの自分の良くないところは、自分の作業するポジションやその施術での意味を考慮した時の注意点が抜けていて、ただローテーションをしているだけになっていたことに気付いてローテーションの練習を行って先生からokもらうことができた。(いつも先生が言っています姿勢や位置を意識していないだけですが情けない・・)

日曜日の帰りの電車で上記のできなかったことに対する反省をしていた時、Hさんの「痛い」への自分なりの見解が繋がってきました(すべて正しいかどうかこれからですが)一つは、施術するポジショニングや姿勢ができているか二つ目は押す部分への感度が甘いこと(先生は感じる感度が例えば10段階の10あれば、自分は1しかない)が挙げられこれらを以後の練習で確認したいと思っています。(Hさん協力お願いします)

おそらく普通の学校ではマッサージチェアのように作業的に施術の練習を行う所を、手力整体ではきちんと施術する人がその施術の意味を考えて自分にとって最適な位置取りでいい圧を持って施術できるように指導しているので体を動かしているが脳みそもフル回転して五感を全開にして感じて、脳みそを使って考えるを繰り返しているのでいつも体もそうですが脳みそもぐったりです(どんなけ普段使っていないか)
体の使い方もしかりその人の持っているすべてをどれだけ総動員して(脳みそも感覚も)行けばより良いものができると感じています。

良くできました