塾生のサカグチです。

トリガーポイントの授業がありました。


整体のトリガーポイントとは?

患者が痛みを訴える所ではない、本当のコリのこと。隠れたコリで慢性痛の場合が多いと思います。


整体での痛み、急性痛と慢性痛とは?

急性痛とは?

すくに取って欲しい痛みで、整体で多いのが、ぎっくり腰とか捻挫です。

慢性痛とは?

整体で、一番多くみられる、症状だと思います。長く続く痛みのことで肩こり、腰痛とかです。


痛みとは?

筋肉の酸欠です。体からのサインで、味覚、臭覚と同じようなもの。体で痛みを感じるのは、筋肉だけです。筋肉の生理を理解していないと、トリガーポイントを見つけにくいかもしれません。


筋肉の生理とは?

筋肉の役割の中で、重力に対する姿勢の維持があります。

0度から崩れた姿勢だと、偏った筋肉ばかり使います。

結果、怠けて使えない筋肉がでてきます。縮んでないけど使ってない筋肉、縮こまって使えない筋肉の中に慢性痛のコリ、トリガーポイントが隠れています。


トリガーポイントの探し方、視診と動診。

視診とは?

立位で患者の姿勢を見て0度からどの関節がずれているかをみて、どこの筋肉が縮んでいるかの見当をつける。筋肉の長短を見ます。


動診とは?

視診で見当をつけた関節の筋肉の柔軟性を確かめる。

そして施術のプログラムを組み立てる。


トリガーポイント探しとか、それだけを見つけるのも大事ですが、視診、動診をしていれば、あえてトリガーポイントを探す事にこだわらなくてもいいと思います。



良くできました