塾生の増田です。
先週土曜日、日曜日に授業に参加しました。今回二日間参加して体の不思議さと体の連動を身を持って体験しました。先週水曜日にトレッキングに参加した時、参加した方々が枝を両手に持った時歩きやすい言った感想がありそのことで伊藤先生から、なぜ「ストックを持つと歩きやすくなるのか?」の質問が投げかけられました。
(事前に決めた自分の課題にばかり注意していてその場で感じられるものが感じれないものになっていて恥ずかしく思います。)
先生からストックを持って歩くと腕が振れて肩甲骨が動きだしそれに連動して骨盤、股関節が動きやすくなると説明され、実際本日朝からストックを持って近くの公園で持つのと持たないのではどんな感じか歩いてみました。
持たない時は、腕はふらずただぶらんと前後ろに軽く振る程度でいつもの感じと思って歩いていました。その後ストック持って歩くと握った手が自然とまず前にストックを着きその後重みでなどで後ろに引っ張られる感じがしてなるほどと思いました。それをしばらく感じた後、足の動きですが歩幅が少し大きくなっていて力強く前に進むことが分かった。(公園の傍から見ていた人はびっくりしているだろうと感じながら)

階段を昇る時も骨盤を前傾気味にして丹田を前に持って行く感じだと昇りやすくなるように手の動きもしっかり振ることで(後ろに)連動して下半身も動くことがわかり体の使い方発見でした。
(でも、授業で先生が話されている当たり前のことをつなげられるかができていないことも再認識)

日曜日は参加されました塾生一同、人体の不思議発見を感じられた授業になりました。
トリガーポイントを探す授業で、普段基本手技で行っています痛みをとる方法でなく別のトリガーポイントを探す方法で痛みが取れるか塾生一同楽しみながら頭をフル回転して試行錯誤しながらチャレンジしました。
二人一組で分かれて、4人で行っていました。
痛みが取れるたびに「すごい、不思議」などの感想が出ていて自分も取れた時はびっくりと同時にすごいと人の体は不思議だなと思いました。
これから整体に携わる身になりますので、少しでも施術で驚いてもらうことを取り入れればいいかなと思いました。

良くできました