塾生の笹井です。

伊藤先生のブログを読んで、そして手力のテキストを読み返して、改めて自分の施術姿勢を見直してみました。

【上半身を柳のように、下半身は岩のように。】
これは、テキストの中の言葉ですが、私は施術に夢中になると、まだ腕に意識がいき、自分の力でなんとかしようとしてしまいます。そんな時は必ず、視線は手を見ていて、首が下を向いています。

ブログで伊藤先生が体幹のお話をしていましたが、授業でも体幹のお話があったと思い出しました。
【体幹とは、上丹田・中丹田・下丹田が一直線にブレないこと。】
頭部・胸部・腰部、それぞれの重心があるところが丹田。

手力の手技で、上半身を柳のように力を抜けるのも、下半身を岩のようにできるのも、この体幹がブレないからです。
体幹の力がなければ、身体をコントロールできない。

先生のブログの、ボールのようなイラストで人体を表してある意味が、ようやく飲み込めたように感じます。

普段の私の施術姿勢は、丹田がバラバラ。上丹田(頭部)は前にぐいぐいと出て、下丹田(腰部)は後ろに下がっています。
なので、普段辛さが出るのも、肩の付け根や腰です。
本来、一直線で動くはずの丹田が、好き勝手に動かされていれば、それは繋ぎ止めて置こうとする筋肉に負担がかかるのは当たり前です。

筋肉は伸びているところに痛みが出やすいというのも、この丹田のズレが原因だったんだと繋がりました。今までは単純に引っ張られているから、筋肉に疲労が溜まりやすいと考えていましたが、丹田を正しい位置に繋ぎ止めるために頑張ってくれていたんですね。休みを与えず、頑張らせ続けていれば、いずれ壊れます。

まだまだ、自分のボディマップを正すには至っていませんが、体幹を意識しながら施術はやっていきます。
まずは、頭を下げない。一直線です。

私たちがお客さんにできることも、丹田の位置を保ちやすくすることだと再確認しました。
丹田が前や後ろ、右や左にズレてしまっているところを、どこが引っ張られているのか、どこが縮こまっているのか、もう一度よく身体を観察をする。身体を単純化してから、細分化していけるようになりたい。
また施術がぐっと楽しくなりそうです。


よく出来ました