塾生のささいです。

レストアストレッチVol.0の先生役で、骨盤の歪みについてうまく話すことができなかったので、自分の言葉にしてブログを書きたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


骨盤の歪み。この言葉を当たり前に聞くようになってどれくらい経つでしょうか。


ウエストの位置が違う。

足の長さや、靴の減り方が違う。

スカートがまわる。


こんな症状 = 骨盤が歪んでるから


当たり前になってしまっているこの言葉。

鵜呑みにせず、身体で何が起きているのか考えていきましょう!




左右のどちらかの骨盤が、上がって下がってるなど、言われたことがある人もいると思いますが、そもそも骨盤の歪みって、どこが歪んでいるのでしょう?


骨盤か歪むと聞くと、なんだか骨がねじ曲がってるような状態を想像しますが、骨盤に動いてねじれるような関節は、存在しません。


お尻側にある仙腸関節も、前側の恥骨結節もビクともしませんし、もしそこに大きな差があるとしたら、そもそも先天的なものや、私たちが手で大きく動かせるものではないので、骨盤の形は変わらないと思ってしまって大丈夫です。


では、一体 “歪み” とは何を指すのか?


それは骨盤の上下にある腰椎や股関節が一定の位置で固まって、骨盤が左右に動いた状態で戻らなくなっていることを指します。


身体は右に重心を動かせば右に行き、左に動けば左に行く。

あっちにいったり、こっちにいったりしながら、使いやすい場所に重心を動かして、私たちは生活してます。


でも、それが同じ動きばかりを繰り返す、例えば右にばかり重心を置いていると、右側に寄る筋肉に凝りが生じて、関節が動きにくくなっていきます。


これが ”骨盤の歪み” といわれることの正体。


骨盤そのものではなく、腰椎や股関節が動きにくくなっていただけなんですね。 


本当に必要なことは、骨を動かして形を整えることよりも、動きにくくなっている関節を動かせるようにすること。


あっちにもこっちにも骨盤が自由に動けるようになったら、もう”歪む”なんてことには、なりようがありません。


ウエストの左右差も、足の長さも、靴の減り方も、スカートがまわるのも、硬くなって動けない関節がある証拠。


言葉に惑わされず、自分で知って自分で動かしていくことができれば、特別なことをしなくても、身体はちゃんと答えてくれるのです。


骨は歴史。骨の歪みや癖は、”今”まさに使っている筋肉が作ってきたもの。筋肉の使い方が変われば、歴史は繰り返しません。


良くできました