塾生のささいです。

マーケティングの授業で、お金もあって働かなくてもいいってなったら何がしたいの?と聞かれて、仕事以外に上げられなくて、変な汗をかきました。

私、多趣味だと思ってたのに、なんでこんなに出てこないの?そもそも ”独立” がしたいことであって、仕事が好きで、やりたいことする時間をつくる為に独立したいんじゃなくて、自分の思った仕事を目一杯やりたいから、独立したい!と思っていました。

すると、そもそも手力の軸とブレてしまいますね…


やりたいこと、やってきた人生。

その時その時で興味をそそられたこと、なんでもやってきました。遠出はあんまりできなかったけど、できる範囲内で好きなことを見つけて、楽しく生きてきました。

我慢してきたことといえば、仕事をもっとちゃんとしたいのにできなかったこと。隙間がなくて労働時間が長く、ボロ切れの雑巾みたいになりながら、お客さんを診る施術は、今自分が何をやってるのかわからなくなることも、1度や2度じゃなく…お客さんの体に触ることが怖く、そして、どれだけ失礼なことしてるんだろうと思っていました。


そんな中、腰椎のヘルニアをやりました。立つのが一時困難なほどの痛み。痺れ。

ベルトを巻いて仕事を続けていたのですが、1週間通しで働くことが難しくなり、社員からパートになりました。

出勤時間が減ると、腰の痛みはだいぶマシになりましたが、たまに出る鋭い痛みと、鈍痛はずっと付き合っていくことに。

そんな風になっても、仕事を辞めたくなかったのはなぜなのか。きつい中にも、お客さんに認めてもらえることが嬉しかったんですね。必要とされることが嬉しい。でもそれは、依存してるなぁと今は思います。

でもそこから、少しづつ時間に余裕を持って仕事をさせてもらえるようになりました。だから、今まで続けてこれたんだろうと思います。



私、仕事なくなったらどうするんでしょうか。

仕事以外にしたいこと…授業を受けてからずっと考えていたのですが、1つだけ思うことがありました。


いつか、ハワイ島のマウナケアに行って星が見たい。


趣味って言えるのかわからないけど、私星好きです。

ずーーーっと見ていられる。

星に関する神話も、人にとっての星の役割や、関係する小説や漫画、観測できる現在の宇宙の限界など。プラネタリウムも好きでいくつも通って、夜時間があれば屋上に登って星を見る。


これを整体と絡めて考えられないかなと思ったのですが、今のところうまくイメージできません!

だけど、すごく好きで、たまにだけどずっと続けていたものがあったと、ちょっとだけ安心しました。


整体だけで生きていくことが難しいということ。整体と自分を掛け合わせていくことで、それまでになかったものが生まれる。その唯一を確立することで、整体の道で生きていくことができる。

先生の言ってることすごくよくわかるので、もっと脳みそに汗をかいて、自分と向き合ってみようと思います。


良くできました