塾生のさいとうです。

先週はストレッチの講座でした。
そもそも何故ストレッチが必要なのか?から始まり、実際に体を動かしながらの授業だったのですが、あまりの自分の体の硬さに唖然としました。

「苦手な動作はマークしておくといいよ」と言われマークしていくと半分以上にチェックが入る有様・・・苦手な動き多すぎでした。

さて。今回の授業で特に気になったのが膝関節周辺のストレッチの時でした。
ハムスト、腓腹筋などを伸ばすわけですが「ん?あまりストレッチを感じないぞ?」となりました。
ところがどっこい。僕の下腿&ハムストが素晴らしく柔軟性に富んでいるわけではなく、なんとあまりに硬すぎるが故にストレッチがかかる姿勢も取れないとのことなのです!

んで実際に塾生の方に膝を伸ばしてもらうと「いででで!」となりました。あぁ情けない・・・
そしてこの時伊藤先生が気になる一言を。「その膝が伸び切れば膝痛は治るよ」と。

その時は「まぁこんだけ悪いところが分かりやすければ、ここを直せばいいんだろう」と思っていたのですが、家に持ち帰ってみると「なんで?なんで膝が伸び切ると膝痛が治るの?」と疑問になりました。



んでイロイロと考えた末に一つの仮説を立てました。
膝が伸び切らないというのはつまり常に膝が曲がっている状態です。
一度曲がった膝は重力に押され常に曲がろうとしてるわけですが、それを膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)がこれ以上曲がらないようにと頑張ります。
膝が伸び切らないので大腿四頭筋は適切な筋ポンプを発揮することがないので痛みが発生する、というのが仮説です。

この場合、改善策としてはハムストをゆるめた上でストレッチをかけます。
しっかりと膝を伸ばしきることが出来るようになれば大腿四頭筋の筋ポンプも働くようになり、痛みが発生しにくくなるのでは?と考えました。

あってるか全然わからないのと、全く自信はありませんが!

良くできました