こんにちは、塾生の清島です。

整体のメロディ2

先日の授業で再び伊藤先生を施術する機会が巡ってきました。またもや自分のあやふやだった部分が浮き彫りになり、反省点の嵐です。まだまだ実践が足りてないと痛感いたしました。
その中でも最近一番の自分の課題である「時間配分」について、気づきとともにまとめてみました。

57A0E612-8E6B-4E9C-A77B-579BB8DAD9B9



整体院ねこのて


ホストとゲスト

そしてこの漫画を描きながら気づいたことがもう1つあります。
スタート講座で「自分はホストである」という意識について、学びました。
なんとなく理解していたものの、具体的にどういうことか、今回わかったような気がします。

なんといっても患者さんが気持ちいい所をほぐし続けると、隠れた凝りをほぐす時間が足りなくなる。
隠れた凝りを取り切ることに固執すると、また時間がたりなくなる。
中途半端なことが一番印象にも残らないし、どちらのためにもならない。

患者さんのことを第一に考えて作曲した施術に、ゲストを招待するということなのですね。あくまで指揮棒は自分の手に持たなくてはいけないのです。

そうなると今後より一層必要になるスキルは、動診視診で素早くトリガーポイントを見立てること。これができないと施術の作曲ができません。

これもまだまだ苦手なんです…。


よく出来ました