塾生浦崎です。
先生に「ブログ書いてください。」と言われ続けて3ヶ月がたってしまいました。
遅くなってすみません。

先日、スタビライゼーションの授業がありました。
スタビライゼーションとは、体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛えるのに効果があるものです。使用するのは自分の体のみ(負荷を上げるにはバランスディスクなど使用する場合もありますが)。1ポーズを4~8秒キープするという簡単なものです。ただ、簡単なだけに基本が大事です。


スタビライゼーションの基本
 ・上中下の丹田を一直線に揃える。
 ・足首は90度。
 ・ドローイン(呼吸法)。
 ・肩甲骨を内転させる。
 ・4~8秒姿勢をキープする。


私以前、プランク(スタビライゼーションの一部)をやっていたことがあります。友人に「腹筋するより楽で効果がある。腕立ての姿勢で肘をついて30秒キープするだけ」と説明を受け基本を知らずにやってみたことがあるのですが、あまり効果を感じられず(多少腹筋に効いているような気はしましたが)すぐやめてしまいました。なので、授業でやることになったときも、そんなに疲れないだろうと思っていました。
しかし、今回先生に基本の姿勢・やり方をチェックしてもらいながら行ったら全然違いました。最初から筋肉使ってる感じがしました。数パターンのポーズを一時間くらいかけて行ったのですが、最後にはヘトヘトでした。やはり、基本をちゃんと知った上で行わないと駄目ですね。効果が減ってしまいます。

次の日は、かなりの筋肉痛(腹斜筋や僧帽筋?などの辺り)になりました。「慣れないうちはアウターの筋肉を使ってしまう」と先生がおっしゃってた通りでした。3日~1週間くらいでインナーの筋肉が使えるようになってくるとのこと。
せっかく基本を教えてもらったので、自分の体が何日くらいで変化するのか試してみようかなと思ってます。


良くできました