塾生の加藤です。
大変ご無沙汰しております。

停滞しつつも、スローペースですが、亀のように少しずつ前に進んでいます。

2ヶ月ほど前のMM以来、何が好きか?なぜ子連れ整体か?と自問自答してきました。

人に語れるような、これが好き!という趣味や特技は相変わらずありません 笑

そんな自分に、何て薄っぺらいんだと、がっかりもしました。

でも、「こう過ごしたい」「こうありたい」と感じる生き方を実現するために、私には整体が必要なんだと気づきました。

私は、気持ちに余裕を持って、穏やかに過ごしていたい。そして、子供との時間をしっかり確保したい、と思っています。

今は、ほぼ正反対。

平日は、朝はバタバタと子供を送り出して、すぐに出勤。休憩もそこそこに、夕方まで仕事。忙しいお店なので、施術しながら予約を受けたり、慌ただしい1日です。

子供を迎えに行った後は…夕食、お風呂、子供の宿題、片付け、洗濯、などなど。

遊ぼう!と誘ってくる息子の相手も充分できず、そうしているうちに、子供を寝かす時間になり、息つく暇もありません。

そんな中、片付けもせず、散らかしっぱなしにしていると、イライラ…イライラ…

気持ちの余裕はありません。

仕事は好きだし、家の事だけで1日過ごすのは苦痛なので、仕事を辞めるという選択肢はありません。

勤務時間を減らすと、収入も減るので、これもまた困ります。

・リラクゼーションの仕事が好き。
・家の事もしっかりやりたい。
・家族と過ごす時間も確保したい。
・収入も確保。

この4つがクリアできるのが、自宅で行う整体です。

予約の電話に煩わされず、お客様と施術に集中できる。

開店準備=家の掃除なので、部屋はいつもキレイ。

合間に家事をすませ、子供が帰宅したら、宿題をゆっくり見たり、遊ぶ時間もできる。

WEBサイトを充実させて、お客様を増やす努力が必要ですが、収入も確保。

自宅サロンは「子連れ大歓迎」にするのですが、伊藤先生から、「子供が好きだから子連れ大歓迎なの?」と聞かれ、ちょっと考えてしまいました。

そうです!と言い切れない。

子供と触れ合いたいから、子連れ大歓迎にするわけではないなと。

素朴な幼い子供を見てると癒されるけど、保育士さんのように、いつも子供に囲まれてると、苦しくなりそう。

答えがなかなか見つからなかったのですが、ふと、子供時代の自分を思い出しました。

当時は、両親が飲食店を複数経営していた関係で、家では、妹と2人だけで過ごす時間がとても多かったのです。両親共に、何日間か帰ってこない事もありました。

家族(とは言っても、父抜き)で出かけた思い出は数えるほどしかなく、父親と遊んだ記憶は、ありません。言葉もほとんど交わしていなかったかも…

当時は、これが普通だったし、今でも、特別辛かったとは思っていないのですが、どこかで、「親子はなるべく一緒に過ごした方がいい」と感じているから、自然と「子連れ大歓迎」になったのだと感じました。

両親も、家に置いている私たちを思って、心を痛めていたかも。

同じように、「預けている子供が心配になるようだったら、どうぞ連れてきてください!」という主旨の「子連れ大歓迎」です。

なぜ?が分かって、スッキリしました。

自宅サロン実現に向けて、さらに深みを増すために、また少しずつ進んでいきます。

長文失礼いたしました。


よく出来ました