今回、見学されたUさんについて視診・動診・施術の一連を見学していきました。
Uさんはかつて、尾てい骨を骨折された既往があります。現在でも座位姿勢の時、左の坐骨が痛むとのことでした。
視診:下肢の骨盤に若干の左右差があり、右に下がっている。つま先は真っ直ぐだったが左下肢が外旋、右には内旋しているようである。体幹が右に傾いているようで、骨盤は後傾気味で仙骨部が下がっていた。

動診:SLRでは左下肢に早い段階でつっぱるような痛みがあり、さらにブラガード検査で痛みの再確認ができた。
ツイスト(股関節内転)では左OKだが、右は内旋しづらい。
FD(股関節屈曲内旋・内転)右がしづらいようで、左右差があった。

診断・施術:左右とも大腿筋膜張筋、ハムストリングスからふくらはぎが硬い。
本丸は左大転子部周辺の深層外旋六筋のうち、梨状筋。大転子を中心にの周辺全体のほぐしが必要だが、左の坐骨神経には慢性の痛みがありほぐれ難いコリがある。
左下肢をかばい、右内転筋群は縮み緊張している。

施術では、私は脊柱起立筋の確認をさせてもらい、T先輩の下肢のほぐしを見学させてもらった。右内転筋群の痛みは激痛の様であり、先生は手のひら全体で押しほぐしていた。
Uさんの体幹の傾き、骨盤の左右差は小さく、私には指摘がないとわからなかった。しかし動診での確認で顕著となり、右内転筋群の縮みからくる痛みは激痛であるようだが、押されるまで気づかれていなかった。