塾生まつせです。私は2月からウォーキングを始めています。今回、昨年からの変化について超個人的な考察を報告します。

20204月神戸に転居しデスクワークから解放。車から電車へ生活環境が変わり、歩き中心へ。
~この頃の身体観察・下肢中心~

両肩:内旋傾向  両肘:やや屈曲

背中:カーブなく平ら。ウェストなくお腹つきだしぽっこり(内臓下垂)

臀部:下垂 股関節:左右差なし 外反母趾(右・左)

大腿部:大腿四頭筋前に張っている 大腿二頭筋:短縮傾向 伸びない

前脛骨筋 伸長 縮まない

下腿三頭筋(腓腹筋ヒラメ筋)短縮 伸びない

足関節(右・左)底屈優勢→長趾屈筋・長母趾屈筋 短縮

背屈しにくい→前脛骨筋・長趾伸筋・長母趾伸筋 伸長 縮まない

両母趾伸展苦手 足底アーチなし

内反傾向 足の縁で立つ、重心を取る事が多い(右内反で転倒しやすい)

脹脛 つりやすい(右>左) ※右下肢に重心かける事が多い 

下腿三頭筋が短縮傾向、前脛骨伸筋は伸長し足関節が固く、しゃがみ込みで体勢保持ができず後ろへ転倒しそうになる。

5月 徒歩生活で足底、母趾付け根と足底が痛み、整形外科受診。インナーソール作成

6月 電動自転車購入 歩く機会が減った

9月 電車と自転車生活に慣れた。この頃、脹脛が冷え、夜間よく痙攣が起きる。また段差等で右足が
    内反して転びそうになることがあった。

20212月 山歩きを開始 

23月 股関節伸展で縮んだ腸腰筋を伸ばす事と踵を残し足関節の背屈する事を意識して高低差の多い山道ルートをチョイス。

4月~5月 筋肉痛が無くなり、慣れてきたため、ルートを長い坂道に変更し距離を延ばす。ハーフスクワット1日20回を目標。この頃よりしゃがみ込みで後ろに転倒する事は無くなり安定してきた。

 2021.6月 部分的測定記録 ※体重変化なし

 

大腿

膝上10

脹脛

足首

2020.6

53

40.5

35

19.5

2020.9

51.5

39.5

35.5

19

2021.6

49

40

34

19

昨年より足関節の柔軟性が上がった。大きなサイズ変化はなく、両肩の内旋傾向と肘関節の屈曲は変わらず。前脛骨筋はまだ固いが、大腿四頭筋の張りが減り、ハムストリングと脹脛が若干締まったようだ。また脹脛の痙攣、右足関節の内反による転倒が起きなくなった。

 歩き始めて4か月、昨年からの比較と併せて、ようやく気づくことが増えてきました。立った時の重心の位置が変わったと感じます。臀部と大腿の境を作りたいけど、そこには未だ到達せず。しかし、日常生活の中で筋肉の動きを意識する事、例えば、臀筋ファミリー(大・中・小)それぞれの股関節伸展・外転・外旋といった機能や屈筋群の働きを感じながら歩くのは楽しく、今後の変化はもっと楽しみです。


よく出来ました